複数売買ルールの作り方(3)


複数売買ルールの作り方(3)
2013年8月12日(月) 22:39:44 トレシズ
 
■複数売買ルールの作り方(3)環境データを設定する

戦略によっては、NYダウなどの環境データが使われている場合があります。

「環境データとは何なのか?」

といいますと、要するにイザナミにはない外部データのことですね〜。

たとえばNYダウを始め、ドル円などの為替の日次データなど、

イザナミのデータベースにはないデータを使いたい場合には、

この「環境データ」を使う形になります。

トレシズ戦略ですと、環境データを使う戦略としては今のところNYダウを使うものが大半ですので、

正直NYダウの設定方法だけ覚えておけば十分だと思います苦笑

下記例の売り戦略BではNYダウが使われているため、複数売買ルールにももちろんNYダウを設定する必要があります。

NYダウなどの外部指標が使われていない戦略を移植する場合には、この作業は無視していただいてOKです。

まずは、前回デスクトップに保存しておいた「複数売買ルールテスト.str」を、設定の読み込みから読み込んでおきます。

◆買い戦略Aの内容
株価の低い場合は取引しない。→250円以下
売買代金の少ない場合は取引しない。→売買代金の15日間平均が50千万円以下の場合
対象銘柄→全ての個別株

<仕掛け条件>
当日:移動平均(終値)(25)が移動平均(終値)(75)より大きい(同じ含む)
1日前:5日連続で移動平均(終値)(25)が移動平均(終値)(75)より小さい
翌日寄付で買いを仕掛ける
※これはライブラリにある「ゴールデンクロス(25日線75日線)」で、仕掛け→ライブラリから選択→基本ライブラリの中にあります。

<手仕舞い条件>
翌日寄付で手仕舞いする

◆売り戦略Bの内容
<仕掛け条件>
当日:NYダウ(前日比%)が0より大きい
当日:ランキング(売り戦略B)用(順位)が10より小さい(同じ含む)
翌日逆指(終日)(終値−5%)で売りを仕掛ける

<ランキング条件>
株価の低い場合は取引しない。→100円以下
売買代金の少ない場合は取引しない。→売買代金の15日間平均が10千万円以下の場合
対象銘柄→2013年8月の貸借銘柄
難スリッページ指数が大きい順にランキングする

<ユーザー定義指標>
難スリッページ指数:出来高÷単元株数(計算結果の値は、小数点付きデータとして扱う)

<環境データ>
NYダウ
http://www.torezista.com/assist/dji.html
からダウンロードできます。

<手仕舞い条件>
当日引けで手仕舞いする


NYダウのデータは、上記URLからダウンロードの上、デスクトップなど分かりやすい場所に保存しておいてください。

このあたりはイザナミHPのチュートリアル「環境データの利用方法」も参考になります。
http://www.izanami.jp/v2support/bkt_envdata.html?ac=1

…あれ、イザナミHPのロゴが変わりましたね〜。

と、余談はさておき(ぇ

次に、複数売買ルールに環境データを設定していきます。

(1)まずは左の「環境データを使う」タブをクリック
 ↓
(2)左下「+」をクリック
 ↓
(3)名称未定義-1をダブルクリックしますと、名前を付ける小さいウィンドウが開きます。ここに、売り戦略Bで設定されている「NYダウ」という文字を入力します。
 ↓
(4)次に右側の「ファイルを選択」で、デスクトップに保存した「NYダウ.csv」を選択してください。
環境データ指定ウィンドウでは時系列を「日別」にする点のみご注意ください。

これは要するに、日足のような一日単位のデータの場合には日別になるということでして、月単位のデータの場合には月別になるということです。
NYダウは一日単位のデータですので、日別にします。
 ↓
(5)CSVファイルの読み込みが終わりましたら、ちゃんと設定されているかどうか確認するために、「環境データの表示」ボタンを押すといいと思います。
画像のように表示されていれば、NYダウが正常に設定されています。

一番上が空になってしまいますのは、
NY市場は夜に始まりますので、たとえば平日の19時などに上記読み込みを行った段階ではNYダウの値が存在しないためですね〜。そのため通常は一番上が空欄になるのは正常です。

たとえばNY市場が終わった朝6時以降などの段階で、NYダウ変換ツールで「最新のNYダウを追加する」にチェックを入れた上でダウンロードし、上記のように読み込みますと、一番上に最新のNYダウのデータが表示されていると思います。

環境データは基本的にはこんな感じでしょうか。

ここまで終わりましたら、また恒例のファイルの保存です笑

上部「設定の保存」をクリックし、

「複数売買ルールテスト」などといった分かりやすい名前を付けて、デスクトップなどに保存しておくといいかもしれません。







・ブログはトレジスタ・ストラテジーオンラインおよびストラテジーの販売者により任意に投稿されるもので、掲載された情報の真実性・価値を保証するものではありません。また、ブログの内容はお客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の有価証券の売買あるいは特定の証券取引の勧誘を目的としたものではありません。ブログに掲載された情報に起因するいかなる損害・損失に対しても弊社株式会社トレジスタおよびブログ投稿者は一切の責任を負いません。掲載内容のご判断は投資家ご自身の判断と自己責任でお願いいたします。