出遅れ銘柄を狙うロジックについてのメモ


出遅れ銘柄を狙うロジックについてのメモ
2010年12月1日(水) 10:27:59 トレシズ
 
昨日は久しぶりに昼間、勉強のためにチャートを見ておりましたが、
壮絶な輸出株の売りによる急落の中、個人的に注目していた新興不動産系は強かったですね〜。

特に新興不動産系の牽引役として常に注目しているのが、4321ケネディクスです。
このケネディクス、現在非常にきれいな上昇トレンドに入っており、もしシステムトレードをやっていなかったら買いたくなるところですが笑

とはいえ、今後はこういう銘柄に買いシグナルが出るようなロジックを組んでみたいところです。

なぜ私がケネディクスに注目しているのかといいますと、

「ケネディクスが強いと、その他新興不動産系も強い場合が多いから」

です。

ケネディクスが上がっている時には、新興不動産系の出遅れ銘柄を買うのは非常に有効な手段です。

これはもちろん新興不動産系に限らず、消費者金融系・鳥インフルエンザ系など、数多くの業種で同じような現象が見受けられます。


こういったロジックを、イザナミで組むにはどのようにすればいいでしょうか?

個人的には以下のような手順になるだろうと推測しています。

(1)各業種で牽引役となる主力銘柄を業種毎に1つ探す
(新興不動産ならケネディクス、インフルならダイワボウ、消費者金融ならアコムorプロミス?)

(2)上記銘柄が、上昇トレンドに入っているかどうかを判別する
(5日連続で25日移動平均が上昇しているかどうか、あたりの設定でしょうか。そして判定にヒットしていれば1、ヒットしていなければ0としてCSVファイルに保存します。)

(3)業種毎にバックテストファイルを作成
新規建て条件は、
・(2)の項目が1にヒットしている場合
・そして出遅れているかどうか?を判別する指標が必要となりますが、これはいろいろ考えられます。5日連続で25日移動平均が上昇していない、乖離率が0以下などいろいろ対策があります。


上記はあくまで個人的な思いつきなので、有効性があるかどうかは全く分かっておりません。今後の研究材料ですね笑



・ブログはトレジスタ・ストラテジーオンラインおよびストラテジーの販売者により任意に投稿されるもので、掲載された情報の真実性・価値を保証するものではありません。また、ブログの内容はお客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の有価証券の売買あるいは特定の証券取引の勧誘を目的としたものではありません。ブログに掲載された情報に起因するいかなる損害・損失に対しても弊社株式会社トレジスタおよびブログ投稿者は一切の責任を負いません。掲載内容のご判断は投資家ご自身の判断と自己責任でお願いいたします。