ダウが使われた戦略を、全て前日に完結するようにカスタマイズするには?


ダウが使われた戦略を、全て前日に完結するようにカスタマイズするには?
2014年8月20日(水) 23:45:52 トレシズ
 
ダウ下げは買い、ダウ上げは売りというのは結構王道で、

個人的にはこの考え方は今も結構通用していると思っています。

ただ、ダウを使うためにはどうしても当日朝に時間が必要になりますので、

忙しい方の場合ですと使えない場合も多いものですよね。

こういった際の代替手段は何かないのか?

といった点を考えてみますと、

「仕掛けに寄指を使う」

のが一案でしょうか。

なんでダウ下げで買うのかといいますと、

要するに押し目を狙うためですね〜。

ダウが下げた日は、当然寄付で結構売られて始まる場合が多くなります。

オーバーシュートもあったりしますし、

ダウが下げた日は結構安く買えたりする場合も多いものです。

そこからのリバウンドを狙うのが、ダウ下げの買いですね〜。

たとえばですが、

「寄指で、前日終値−1%を指して買い」

としますと、当然寄りで前日終値よりも1%以上下げて始まった銘柄しか約定しませんので、

ある意味ダウ下げの買いと同様、

安寄り銘柄のみを狙うことができます。

そのためですが、

「ダウが使われた戦略を、全て前日に完結するようにカスタマイズしたい」

といった際には、

まずは寄指を使ってカスタマイズするのも1つの手ではないかと思っております。



・ブログはトレジスタ・ストラテジーオンラインおよびストラテジーの販売者により任意に投稿されるもので、掲載された情報の真実性・価値を保証するものではありません。また、ブログの内容はお客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の有価証券の売買あるいは特定の証券取引の勧誘を目的としたものではありません。ブログに掲載された情報に起因するいかなる損害・損失に対しても弊社株式会社トレジスタおよびブログ投稿者は一切の責任を負いません。掲載内容のご判断は投資家ご自身の判断と自己責任でお願いいたします。