ブレイクアウト系買い戦略において、分足高値上抜きで仕掛ける手法


ブレイクアウト系買い戦略において、分足高値上抜きで仕掛ける手法
2014年8月22日(金) 03:31:50 トレシズ
 
最近トレード日記側で試している、

「ブレイクアウト系買い戦略において、分足高値上抜きで仕掛ける手法」

これは非常に強力だと思っております。

ポイントとしましては、

・寄りではなく、10時以降など、ある程度時間を遅らせる必要がある
・当日に中期以上の期間高値を更新する可能性がある銘柄にシグナルを絞る必要がある
・当日の出来高が多くなくてはならない
・損切りは早く

という点でしょうか。

寄りからギャップアップして始まる銘柄は非常に荒いので注意が必要、

だとは思っております汗

また、もちろん上記手法は日中時間がないと使えませんが苦笑

ただ、先日のテックファームやDDSなど、

当日の分足の高値を上抜いた銘柄は、

時として異常な暴騰を見せる場合があります。

これはいろいろ理由が考えられますが、

個人的な読みとしましては、

「シンプルに値上がり率ランキングの上位にいるため、資金が集中しやすいからではないか?」

とは思っております。
(※注:完全に個人的な思い込みですので、正しいというわけではありません汗)

ただ個人的に現時点で把握できていないのが、

やはりといいますか利確ラインです苦笑

日々トレード日記側で試行錯誤はしておりますが、

仕掛けタイミングよりも利確ラインが非常に難しいですね〜汗

ひとまずですが、トレード日記の直近のテーマとしまして、

「ブレイクアウト系買い戦略において、分足高値上抜きで仕掛ける手法限定で試していく」

という内容を考えています。

シグナル通りに使うというのがシストレ戦略の王道ではありますが、

「こういった使い方もある」

という点を発見できたらうれしいですね〜。

全然テーマは変わりますが、

最近見ているアニメはソードアート・オンラインIIです笑

前作が好きだったせいもあるのですが、

これは結構ツボですね〜、おすすめです笑



・ブログはトレジスタ・ストラテジーオンラインおよびストラテジーの販売者により任意に投稿されるもので、掲載された情報の真実性・価値を保証するものではありません。また、ブログの内容はお客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の有価証券の売買あるいは特定の証券取引の勧誘を目的としたものではありません。ブログに掲載された情報に起因するいかなる損害・損失に対しても弊社株式会社トレジスタおよびブログ投稿者は一切の責任を負いません。掲載内容のご判断は投資家ご自身の判断と自己責任でお願いいたします。