騰落レシオの使い方


騰落レシオの使い方
2016年12月7日(水) 21:57:45 FUMITRADE
 
今回は騰落レシオの便利な使い方を紹介しようと思います。


イザナミに「東証一部騰落レシオ」という指標があります。

この騰落レシオは、(動かなかった銘柄を省いて考えると)

「上がった銘柄数÷下がった銘柄数」で求めているので、

指標が0〜∞の範囲で動くのです。

この「上限がない」という性質は、若干扱いづらいと
思う人が多いのではないでしょうか。

そこで、これをほかの指標のように、0〜100の間で動くように
してみましょう。

やり方は簡単です。ユーザー定義指標を使って、

「上がった銘柄数÷すべての銘柄数」という求め方になるように、

騰落レシオを改造すればよいのです。

具体的には、

「(東証一部騰落レシオ×100)÷(東証一部騰落レシオ+100)」

という指標を作ります。(下部の画像でやり方を示してあります)

こうすることで、これは0〜100の間で動き、

上がった銘柄が多いほど値も大きくなる指標となります。

騰落レシオの扱いに困っている方はお試しください。
数字がわかりやすくなりますよ。








・ブログはトレジスタ・ストラテジーオンラインおよびストラテジーの販売者により任意に投稿されるもので、掲載された情報の真実性・価値を保証するものではありません。また、ブログの内容はお客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の有価証券の売買あるいは特定の証券取引の勧誘を目的としたものではありません。ブログに掲載された情報に起因するいかなる損害・損失に対しても弊社株式会社トレジスタおよびブログ投稿者は一切の責任を負いません。掲載内容のご判断は投資家ご自身の判断と自己責任でお願いいたします。