上髭銘柄を避ける手法


上髭銘柄を避ける手法
2017年1月8日(日) 21:59:37 トレシズ
 
なぜかは謎ですが、

順張り買いで仕掛けた後、

天井掴みとなって悶絶上髭となるような事例はよくあるものです苦笑

これにはいくつか理由が考えられますが、

・仕掛け位置が上値抵抗帯となっている場合(俗にいうシコリというものですが、高値圏で買っている人の戻り売りが多い場合)
・出来高が足りない場合
・既に暴騰しすぎて利確が出やすいラインに到達している場合

などが代表的な事例でしょうか。

「誰も売らなければ上がるのに…」

と思ってしまいそうですが、

かといって、売られるのには理由がある、

と考えるのが個人的なスタイルですね〜。

仕掛けた際に上髭掴みとなった場合には、

分足や日足チャートを見て理由を推測するようにしていたりします苦笑

ただ、銘柄によっては、

・ヒゲになりやすい銘柄
・ヒゲになりにくい銘柄

の2つに分かれやすいもので、

上髭が何度も発生した銘柄は、

やはり上髭になりやすい傾向がある、

とは言えるかもしれません。

そういった意味で、

戦略によっては(特に順張り買いでは)、

「上髭銘柄を避ける」

といった条件を入れて検証してみるのも手かもしれませんね〜。

たとえばですが、

・過去50日間に終値→高値(率)が10より大きい日が10日以上存在しない

などといった条件で、

上髭多発銘柄を除外することは可能ですので、

いろいろ検証してみるのも面白いかもしれません。



・ブログはトレジスタ・ストラテジーオンラインおよびストラテジーの販売者により任意に投稿されるもので、掲載された情報の真実性・価値を保証するものではありません。また、ブログの内容はお客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の有価証券の売買あるいは特定の証券取引の勧誘を目的としたものではありません。ブログに掲載された情報に起因するいかなる損害・損失に対しても弊社株式会社トレジスタおよびブログ投稿者は一切の責任を負いません。掲載内容のご判断は投資家ご自身の判断と自己責任でお願いいたします。