今日は複利運用について書いてみます。


今日は複利運用について書いてみます。
2011年2月24日(木) 00:47:03 トレシズ
 
今日は複利運用について書いてみたいと思います。

たとえば運用開始資金が200万円だったとして、以降もずっと200万円で運用を続けるのが単利運用です。各販売戦略の成績も、この単利運用時のものですね。

それに対して、複利運用とは、運用開始資金が200万円だとして、100万円の利益が出た場合には利益分も含めて300万円で運用するといった具合に、利益分や損失分を運用開始資金に含めて運用するというものです。

そのため、単利運用に比べて収支が荒くなりがちです。

その一方で、利益発生時には圧倒的に複利運用時の方が資産が増えるスピードが早くなります。

大きなリターンを狙う場合には複利運用の方が良さそうに見えますが、1点落とし穴があります。

それは…単利運用時の時も同じことが言えますが、「ドローダウン」です笑

複利運用時には投資資金に利益分をどんどん加算していくため、利益が出ている場合には仕掛ける銘柄・金額がどんどん増えていきます。そのため、利益が出る場合にはいいのですが、予期せぬ事象により株価が狙いと逆方向に動くと、単利運用時とは比べ物にならない損失を被ります。

そのため、複利運用は初心者には向いておらず、システムトレードの単利運用時の値動きにある程度慣れた方でないと運用を続けるのが難しいのではないかな、と考えています。

私自身も、マキシマイザーというリミットスコープに似た戦略を複利で運用しておりますが、他のどの単利運用戦略よりも荒く、値動きを見ているとなかなかキツイものがあります笑

…といろいろ書いてみたのですが、絶対に複利運用がダメというわけではありません。数多くの自己裁量カリスマトレーダーがそうであるように、資金が小さい時に大きなリターンを狙いたい場合には、複利運用は非常に有効です。

上記のような点から個人的な考えでは、

・ある程度システムトレードのキャリアがある
・複利運用向け資金が余裕資金であり、資産の一部である
・リスクをとってでも、大きなリターンを狙いたい
・運用資金が小さい

といった部分を満たす場合に限り、複利運用も1つの選択肢なのではないかな、とも考えています。

逆に、運用資金が大きい場合には、複利運用というリスクをとらなくても単利運用である程度の利回りを確保できるかもしれませんね。



・ブログはトレジスタ・ストラテジーオンラインおよびストラテジーの販売者により任意に投稿されるもので、掲載された情報の真実性・価値を保証するものではありません。また、ブログの内容はお客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の有価証券の売買あるいは特定の証券取引の勧誘を目的としたものではありません。ブログに掲載された情報に起因するいかなる損害・損失に対しても弊社株式会社トレジスタおよびブログ投稿者は一切の責任を負いません。掲載内容のご判断は投資家ご自身の判断と自己責任でお願いいたします。