調子の良い戦略と悪い戦略


調子の良い戦略と悪い戦略
2017年3月17日(金) 00:41:43 トレシズ
 
複数の戦略を運用していると、

多くの場合、

・調子の良い戦略
・調子の悪い戦略

の2つに分かれます苦笑

このあたりを個人的にどう考えているか?

というテーマで書かせていただきたいと思います。

もちろん、

調子の良い戦略に関しては、

何も言うことはありません笑

信頼度が日々蓄積されていますので、

黙って継続するのみですね〜。

一方、迷うのは、

「調子の悪い戦略の方」

ということになってきます。

多くの方の判断基準が、

「DDの大きさ」

かもしれません。

これはこれで、

1つの正しいアプローチ方法だと思っています。

私の場合ですと、

これに、「イレギュラー考慮」というものを取り入れます。

これはなんといいますか、

「そのDDは特定の銘柄の影響によるものか」
「もしくは、相場イベント等の影響によるものか」

という点ですね。

よく書かせていただいておりますが、

私自身は、

「とある1銘柄の影響によるDDは気にしない」

というタイプです。

たとえばここ最近でいいますと、

2388ウェッジHDなどが非常にボラのある動きをしましたが、

これはあくまで悪材料による影響ですので、

このあたりで発生したDDはあまり気にしない、

という感じかもしれません。

同じく、

トランプ相場や震災相場のようなイレギュラーは、

頻発するものでもありませんので、

やむをえないと割り切る形です。

こういった際にはむしろ、

「自分のリスク管理が甘かった」

と認識し、

リスク管理方法を見直す場合が多いかもしれません苦笑

なので上記のようなイレギュラー単体はあまり気にしませんが、
(※正確には震災レベルは気にしますが汗(コラ

何を気にするかといいますと、

「同じような動きが、ある程度の期間に渡って連続して起きた場合」

ですね〜。

こういった際には、

仕掛け銘柄のチャート形をチェックし、

原因を追究するようにしています。

そのため、

個人的な戦略のカスタマイズ基準や停止基準はDDのみではなく、

「その戦略を信頼できるか?」

という点も多々含まれるわけですね。

日々の運用で信頼を蓄積することにより、

システムトレード運用にも安定感が出てくるもの、

と考えています。



・ブログはトレジスタ・ストラテジーオンラインおよびストラテジーの販売者により任意に投稿されるもので、掲載された情報の真実性・価値を保証するものではありません。また、ブログの内容はお客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の有価証券の売買あるいは特定の証券取引の勧誘を目的としたものではありません。ブログに掲載された情報に起因するいかなる損害・損失に対しても弊社株式会社トレジスタおよびブログ投稿者は一切の責任を負いません。掲載内容のご判断は投資家ご自身の判断と自己責任でお願いいたします。