個人的な、悪材料銘柄に対する考え方


個人的な、悪材料銘柄に対する考え方
2017年6月15日(木) 19:53:45 トレシズ
 
「悪材料銘柄に仕掛けるべきか?それとも仕掛けないべきか?」

というのは、

もはや永遠のテーマとも言えるほど(?)難しいお話です苦笑

悪材料にもいろいろあり、

(A)軽いものでは下方修正や増資、材料出尽くし、材料取り消しなど、

(B)重いものでは不正や監理ポスト入り、上場廃止決定(ただし上場廃止基準に抵触など株券の価値が0になるものではないもの)、

(C)最も重いものでは民事再生などによる上場廃止(株券の価値が0になるもの)、

といったイメージでしょうか。

…かなりざっくりとではありますが汗

あくまで私の場合ですとどうしているかといいますと、

(C)だけは取引対象外としています。

といいますのも、

いずれ1円になってしまいますし、

恐ろしいためですね〜苦笑

ただ、

裁量でたまに参加することはあります(コラ

逆に、(A)は完全に取引対象としています。

ロットもまったく変えない感じですね〜。

これはなんといいますか、

(A)の場合は、

もちろん一時的にはかなり押し、

ボラが増える場合も多いのですが、

動きが落ち着くのも結構早いためです。

そして、

ユーザー様からも多くお問い合わせをいただくのが、

やはり(B)の不正系銘柄ですね汗

こういう銘柄に仕掛けるべきかどうかは、

非常に難しいところではないか、

と思っています。

もちろん、

戦略を実際に運用されるかどうかは任意という点をご了承いただければと思いますが汗、

「個人的にはどうしているか?」

といいますと、

…普通に仕掛けます(ぇ

ロットも完全に通常と同じ感じですね。

これは何といいますか、

私自身がマイルール的に、

「シストレに基本ファンダメンタルズ考慮は加味しないスタイル」

と決めているためです。

あと、

「1銘柄の動きによって、極端に総資金が変動しないレベルの1銘柄投入額に抑えているため」

というのも大きな理由かもしれませんね。

これは単に個人的にファンダメンタルズ考慮を苦手とするためというだけの理由によるものなので、

このあたりの考え方は人それぞれという感じでいいのではないか?

とは考えていたりしますね〜。

正直なところ、

悪材料銘柄を無理に売買する必要もないので、

恐いと思ったら投入額を半分にする、

などといった対策も十分にありだと思っています(ぇ

このあたりは何が正しいと言えるものでもなく、

「初めにルールを決めておくのが重要ではないか?」

とは考えていたりしますね。

個人的にはボラがある銘柄が好きなので、

悪材料銘柄はボラが出やすいため積極的に売買している、

というイメージなのかもしれません。



・ブログはトレジスタ・ストラテジーオンラインおよびストラテジーの販売者により任意に投稿されるもので、掲載された情報の真実性・価値を保証するものではありません。また、ブログの内容はお客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の有価証券の売買あるいは特定の証券取引の勧誘を目的としたものではありません。ブログに掲載された情報に起因するいかなる損害・損失に対しても弊社株式会社トレジスタおよびブログ投稿者は一切の責任を負いません。掲載内容のご判断は投資家ご自身の判断と自己責任でお願いいたします。