どういう時にカスタマイズを考えるか?


どういう時にカスタマイズを考えるか?
2017年6月16日(金) 23:52:16 トレシズ
 
ちょうど、

個人用戦略をカスタマイズ中ですので、

「個人的にどういう瞬間に戦略のカスタマイズを考えるか?」

という点について書かせていただきたいと思います。

多くの場合、

「結構なDDになった瞬間」

にカスタマイズを考えられる方が多いのではないかと思っているのですが、

個人的にはこのあたりが若干違う感じで、

一番多いパターンが、

「問題のある取引を発見した時」

というのが一番多いです苦笑

なんといいますか、

ここでは絶対仕掛けたくないという位置でシグナルが発生した場合などですね〜。

もちろん、

トータル的には期待値がある仕掛け箇所なのかもしれませんが、

個人的に納得できない仕掛け箇所ですと、

やはり精神衛生上は、

信頼感をもって動きを見ることができません。

そのため、

「大負けしたトレードではなく、仕掛け箇所や手仕舞い位置に問題を感じたトレードがある戦略は、カスタマイズを考える」

という感じかもしれませんね〜。

トレード単位での大負けは、

どんなに信頼度の高い戦略でもあります。

やはりイレギュラーというものはあるもので、

想定以上に下がる銘柄などが時折出現するのは防げないとは思います。

ただ、少なくとも

「仕掛け箇所」

だけは、

自分次第で事前に選べるものであることがポイントです。

事前に対策できることは対策しよう、

という考え方ですね〜。

といった感じで、

トレード毎の損益というよりは、

メンタルを優先するタイプ、

というスタイルなのかもしれませんね苦笑

普段使いで精神衛生上あまりストレスがない戦略は、

「継続しやすい」

という点でメリットがあると思っています。



・ブログはトレジスタ・ストラテジーオンラインおよびストラテジーの販売者により任意に投稿されるもので、掲載された情報の真実性・価値を保証するものではありません。また、ブログの内容はお客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の有価証券の売買あるいは特定の証券取引の勧誘を目的としたものではありません。ブログに掲載された情報に起因するいかなる損害・損失に対しても弊社株式会社トレジスタおよびブログ投稿者は一切の責任を負いません。掲載内容のご判断は投資家ご自身の判断と自己責任でお願いいたします。