シストレで勝つためのアプローチ方法(34)


シストレで勝つためのアプローチ方法(34)
2017年6月17日(土) 21:28:42 トレシズ
 
■(36)各戦略の役割を明確にする

「リバウンドを取るためには、どういう組み方をすればいいんだろう?時々仕掛けが早すぎる時がある」
「暴落時にDDになってしまったら余力がなくなるから、リバウンドを取り切れないのではないか?余力をどれぐらい残せばいいんだろう?」

こういった点を悩まれる方が結構多いのではないかと思います。

個人的にはこのあたりをどう考えているかといいますと、

「各戦略の役割を完全に決めてしまう」

という手法で対応しています。

たとえばですが、

逆張り買いの狙い位置としましても、

・当日の押しからの下髭を狙うタイプ
・安値で仕込んで翌日のギャップアップを狙うタイプ
・翌日の反発を確認してから仕掛けるタイプ

など、

いろいろなものがあります。

そして、

「全てをまとめて考えるから難しくなってしまう」

とは思いますね〜。

私の場合ですと、

「当日の押しからの下髭を狙うタイプ」

と決めた場合、

その戦略にはその目的だけを担当させるようにしています。

こういう風な考え方で組んだ場合、

もしその戦略で、下髭が一切取れないようですと、

「仕掛け位置が早いからもうちょっと遅くしよう」

といった感じで、

原因の把握が容易になるわけですね。

また、

翌日のギャップアップを狙う戦略は別にあるため、

「下髭を狙う戦略では、翌日用の余力等を一切考えなくていい」

という点もメリットだと思います。

順張り買いでも逆張り買いでもさまざまなタイプがありますが、

たとえばデイとスイングとで役割を分けるなど、

「各戦略の役割を明確にする」

という考え方がおすすめだったりしますね〜。



・ブログはトレジスタ・ストラテジーオンラインおよびストラテジーの販売者により任意に投稿されるもので、掲載された情報の真実性・価値を保証するものではありません。また、ブログの内容はお客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の有価証券の売買あるいは特定の証券取引の勧誘を目的としたものではありません。ブログに掲載された情報に起因するいかなる損害・損失に対しても弊社株式会社トレジスタおよびブログ投稿者は一切の責任を負いません。掲載内容のご判断は投資家ご自身の判断と自己責任でお願いいたします。