戦略個別で考えるか?それとも、相場の動きを見て考えるか?


戦略個別で考えるか?それとも、相場の動きを見て考えるか?
2017年7月14日(金) 19:50:55 トレシズ
 
(A)戦略個別で考えるか?
(B)それとも、相場の動きを見て考えるか?

というのは非常に悩ましいところだと思います。

個人的にはこのあたりをどう考えているかといいますと、

実は、

(B)の考え方主体だったりします(ぇ

といいますのも、

たとえばですが順張り買いの場合、

2017年5〜6月のような、

マザーズやJASDAQが右肩上がりの相場の場合、

…結構適当に組んだものでも機能してしまうものです苦笑

ただ、7月はなかなか難しい感じで、

順張り買いで取れないことを気に病む相場でもない、

とは思いますね。

ある意味、

「その戦略の実力が試される相場」

とも言えるとは思っておりまして、

プラスはもちろん、

そこまでDDが大きくなければ十分優秀と言える相場なのではないか?

とは思っていたりしますね〜。

こういった意味で個人的には今は順張り買いというよりは逆張り買いですが、

逆張り買いも、

たとえばその日TOPIXがマイナス圏の推移をしていて、

後場になって多少切り替えしなどを見せた場合、

反発する場合が結構多いものです。

これを実力ととらえられるかどうかは非常に難しいところで、

あくまで個人的な考えとしましては、

「逆張り買いでも、地合考慮も取り入れた方が勝率は上がる」

といったイメージかもしれませんね〜。

戦略個別の成績を重視するスタイルも、

カーブフィッティングに注意しさえすれば十分機能する手法だとは思う一方、

「相場の動きも考えると、さらに望ましい」

とは思っていたりしますね。

また、

5〜6月は機能していて、7月に機能していない順張り買い戦略の場合、

「指数が右肩上がりなら効く戦略」

とも言いかえられます。

そういった意味では無駄な戦略とも言えませんので、

「完全な上昇トレンドでのみシグナルを出すように、相場情報を使ってカスタマイズする」

といった手法もかなり有効だと思っています。



・ブログはトレジスタ・ストラテジーオンラインおよびストラテジーの販売者により任意に投稿されるもので、掲載された情報の真実性・価値を保証するものではありません。また、ブログの内容はお客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の有価証券の売買あるいは特定の証券取引の勧誘を目的としたものではありません。ブログに掲載された情報に起因するいかなる損害・損失に対しても弊社株式会社トレジスタおよびブログ投稿者は一切の責任を負いません。掲載内容のご判断は投資家ご自身の判断と自己責任でお願いいたします。