価格帯によって動き方が違う?


価格帯によって動き方が違う?
2017年8月8日(火) 12:26:29 トレシズ
 
ユーザー様より時々いただくご質問で、

「低位株の方が期待値が高い場合があるのはなんでですか?」

という内容があります。

低位株も定義方法次第でいろいろな範囲がありますが、

個人的に低位株と位置付けているのは、

概ね300円以下の銘柄ですね〜。

ネットで検索してみますと、

100円以下の銘柄は超低位株と呼ばれるそうです苦笑

まず、

「個人的に低位株は好きかどうか?」

といいますと、

…個人的には大好きです(ぇ

むしろ、低位株を好んで売買したいぐらいなほどですね〜笑

これはなぜかといいますと、

「低位株の方が値幅制限上限までの%があり、ボラがあるから」

というのが一番の理由ですね〜。

また、

ボラがあるからこそ、

イナゴ銘柄になりやすいですし、

仕手も入りやすいから、

といった側面もあると思います。

今でいいますと、

アジア開発キャピタルなどは結構盛り上がってますよね。

上記のような点から、

「シストレ戦略では、低位株の方が期待値が高い戦略は結構ある」

とは思っていたりしますね〜。

300円を超えた価格帯で、

600〜900円などの株価の銘柄は逆に、

「値幅制限上限までの距離が近いため、ストップ高に張り付きやすい」

といった感じで、

「価格帯によって動き方が違う」

という点はあるかもしれません。

そういった意味では、

「価格帯によって戦い方を変える」

という考え方も1つではないか、

と思っていたりします。



・ブログはトレジスタ・ストラテジーオンラインおよびストラテジーの販売者により任意に投稿されるもので、掲載された情報の真実性・価値を保証するものではありません。また、ブログの内容はお客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の有価証券の売買あるいは特定の証券取引の勧誘を目的としたものではありません。ブログに掲載された情報に起因するいかなる損害・損失に対しても弊社株式会社トレジスタおよびブログ投稿者は一切の責任を負いません。掲載内容のご判断は投資家ご自身の判断と自己責任でお願いいたします。