シストレ駆け出しの頃にはまる罠(51) 戦略をこまめにカスタマイズしすぎるのはまずい?


シストレ駆け出しの頃にはまる罠(51) 戦略をこまめにカスタマイズしすぎるのはまずい?
2017年10月20日(金) 17:49:24 トレシズ
 
あくまで個人的な考えですと、

「戦略をこまめにカスタマイズしすぎるのはまずい」

と考えております(ぇ

これはなんといいますか、

もちろんシストレ上級者の場合ですと、

トレードするうちにカスタマイズが必要な箇所が分かってくるんですよね。

そのため、

シストレ上級者の場合は無意識にやっている行動といいますか、

必要性を感じた箇所をカスタマイズする、

というのはもちろんありだと思います。

ただ、たとえばですが、

シストレ初心者の頃にありがちですが、

「負けトレードが発生したからカスタマイズする」

といった考え方はまずいのではないか?

とは思っていたりします汗

といいますのも、

シストレではやはりイレギュラーといいますか、

たまに想定を超えて逆に動く銘柄が出てきます。

これは避けられないことではあるのですが、

「こういったイレギュラー銘柄に合わせてカスタマイズをするということは、戦略の根本的な能力をそぎ落としている場合が多い」

と言えるかもしれません。

といいますのも、

そもそもがイレギュラー的な動きをしていますので、

イレギュラーに合わせてしまいますと、

…イレギュラーを狙う戦略になってしまうためですね苦笑

イレギュラー銘柄に合わせるということは、

オーバーフィッティングにつながるお話になってしまう可能性も出てきてしまいます。

あくまで私の場合ですと、

先日も書かせていただきましたが、

最低でも大体50トレードぐらいを見まして、

「トータルで考える」

というスタイルかもしれませんね。

たまにある大負け銘柄はしょうがないので、

「個別トレードではなく、50トレードぐらいの総合でどうか?」

といった考え方をする場合が多いです。

もちろん、

ある程度の試行数をこなす前提でやっておりますので、

1銘柄投入額は小さ目ですね。

あとはやはり、

各トレードの動きを見ることは必須です。

・どういう仕掛け位置だと利益が出やすいか?
・どういう仕掛け位置で食らっているか?

こういった部分をいろいろチェックした上で、

もし高値圏で食らいやすいなと判断しましたら、

たとえば仕掛け条件に、

・移動平均乖離率(終値)(75日)が50より小さい

という条件を入れたりしてみて、

高値圏銘柄を除外した場合、成績はどうなるのか?

といった点をチェックする感じです。

こういった作業を、

私自身は毎日は当然やっていません(ぇ

驚かれるかもしれませんが、

…数か月は何もいじらない場合が大半です苦笑

それぐらいの周期で見ている感じかもしれないですね。

もちろん、

どうしようもないトレード、

たとえば本来だったら仕掛けたくない超高値圏でシグナルが出てしまった場合など、

明らかに苦手とするシグナルが出てしまった場合などには、

カスタマイズしてしまう場合もありますが(コラ

…ちなみにこういう時は、

仕掛ける前にカスタマイズしてしまいます苦笑(ぇ

ただ、そうしょっちゅうあるお話でもない感じですね。

買いはやはり基本、

下落トレンド時に辛抱が必要になると思います。

あと、今ですとマザーズ指数も弱いので、

マザーズを狙う戦略(特に順張り)も辛抱が必要な時期ですね。

マザーズ以外を狙う買い戦略は、

今は勝負時という感じはしますが苦笑

とはいえ、

下落トレンドで戦略をいじりすぎたり、

もしくは停止したりしてしまいますと、

買い戦略が能力を発揮しやすい、上昇トレンドを獲ることができなくなってしまいますし、

個人的にはやはり、

「全トレンドの結果を見てからカスタマイズを考える。1銘柄投入額もある程度抑える。また、原因が明らかな場合をのぞき、こまめにはカスタマイズしすぎない」

というスタイルが、

結構おすすめではありますね。

個人的にもシストレ駆け出しの頃によくありましたが、

下落トレンドで停止してしまい、

その後の上昇トレンドを獲れないことほどもどかしいことはありません苦笑



・ブログはトレジスタ・ストラテジーオンラインおよびストラテジーの販売者により任意に投稿されるもので、掲載された情報の真実性・価値を保証するものではありません。また、ブログの内容はお客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の有価証券の売買あるいは特定の証券取引の勧誘を目的としたものではありません。ブログに掲載された情報に起因するいかなる損害・損失に対しても弊社株式会社トレジスタおよびブログ投稿者は一切の責任を負いません。掲載内容のご判断は投資家ご自身の判断と自己責任でお願いいたします。