1日の投資上限のカスタマイズについて考える


1日の投資上限のカスタマイズについて考える
2011年4月1日(金) 14:42:36 トレシズ
 
戦略によっては、シグナルが集中して発生した時期に運用資金の大半を1度に仕掛けるタイプのものから、

運用資金の半分程度と抑えた形で仕掛けるタイプのものまで、様々なタイプがあります。

これはどれが正しいというものではありませんが、

「今回の相場のように通常反発するポイントで反発しない例外的な相場」

では、できるだけ1日あたりの投資金額を抑えたタイプの戦略の方が有効に機能したと思います。

とはいえ、通常の相場ではシグナルが集中して発生した時期に一気に仕掛けた方が効率がいい場合も多いため、必ずしも1日あたりの投資金額を抑えた方が正しいといえるわけでもないと思っています。

このへんのバランスは非常に難しいところですが…汗

たとえば私の場合ですと、以前から書いております通り銘柄分散を特に重視しています。

今回の東京電力ではないですが、1銘柄あたりの投資金額が増えすぎてしまうと運用資金全体に対しての影響が大きくなりすぎてしまうためですね。

以上のような点から、

・利益を落としてでも今回の相場やリーマンショックのような大暴落時のリスクを抑えたい方は、1日あたりの投資金額の上限を50%以内に抑える
・多少のリスクを受け入れてでも利回りを重視したい方は、1日あたりの投資金額の上限をそこまで抑えないようにする

といった考え方がいいと思っています。

個人的には、戦後最大の危機と言われたように、今回の相場は今までにない相場といえると思いますね〜。

そのため過去の検証にも含まれていない事象といえそうですが、戦略に新たに今回の検証結果を組み込めるということは、今後の戦略の堅牢性のアップにつながることではないか、とも考えていたりします。



・ブログはトレジスタ・ストラテジーオンラインおよびストラテジーの販売者により任意に投稿されるもので、掲載された情報の真実性・価値を保証するものではありません。また、ブログの内容はお客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の有価証券の売買あるいは特定の証券取引の勧誘を目的としたものではありません。ブログに掲載された情報に起因するいかなる損害・損失に対しても弊社株式会社トレジスタおよびブログ投稿者は一切の責任を負いません。掲載内容のご判断は投資家ご自身の判断と自己責任でお願いいたします。