よくあるご質問と回答(147)


よくあるご質問と回答(147)
2017年11月13日(月) 02:23:34 トレシズ
 
■日中忙しく、後場の不成への対応ができません。前日完結型にはできますか?

たとえばですが、

不成での手仕舞いの戦略の場合、

日中の11:30〜15:00に一回数分程度お時間が必要になりますよね。

これを避けるためには(日中に時間をかけないようにするには)、

2点対策が考えられます。

※ストラテジーを実際に運用されるかどうかはユーザー様の任意となります点をあらかじめご了承ください。

(1)「後場不成」が使える証券会社を使う

これが一番ラクな解決方法ですね〜。

「後場不成」が使える証券会社には、

個人的に知る限り、

・カブドットコム
・楽天

の2つがあります。

ここで懸念材料として出てきますのが手数料ですが、

楽天の場合、

デイトレード専用の信用取引「いちにち信用」は信用取引手数料が0円だったりしますし、

1銘柄投入額が50万〜100万あたりのゾーンなどはカブドットコムよりも安い場合がありそうです。

マケスピが使える点も便利だと思いますし、

一考の余地がある証券会社だとは思いますね〜。

なお余談ですが、

個人的には日々のチャート確認にはHYPER SBIを使っています(ぇ

これはなんといいますか、

…慣れのお話かもしれませんね苦笑

(2)手仕舞い方法を、「翌日成行」に変更する

・翌日、確実に手仕舞いできる
・かつ、場中を見る必要がない

という前提ですと、

「翌日不成」ではなく、

「翌日成行」にする、という方法が考えられます。

他の手仕舞い方法としては、以下のようなものが考えられます。

・翌日逆指

たとえば前日安値等を指定した逆指値の損切りにする形ですね。

・翌日指値(終日)

たとえば前日高値等を指定した上で、指値未到達の場合にはさらに翌日に成行で手仕舞い、などが考えられます。

・翌日寄指

たとえば前日高値等を指定した上で、寄りで指値未到達の場合にはさらに翌日に成行で手仕舞い、などが考えられます。

つまり要するに、

「引けでの手仕舞い(引成・引指・不成)を使わないようにする」

ということですね。

ただもちろん、

手仕舞い方法を変えますと、

期待値や勝率、通算利益率等、

全ての成績が変化はします。

個人的な経験上ですと、

手仕舞い方法を変えますと過去のパフォーマンスが落ちる場合が多いですが、

そこまで劇的なレベルではない場合が多い、

とは思いますね〜。

多くの場合、

保有日数が伸びるためDDが大きくなりますが、

ただ一方、期待値が増える場合も結構あります。

このあたりは戦略によって差がありますので、

もしご検討中の戦略を前日完結型にしたいとお考えの際には、

・ご検討中のトレシズ戦略名
・ご希望の手仕舞い方法

を記載の上、お問い合わせいただければ回答させていただきます。



・ブログはトレジスタ・ストラテジーオンラインおよびストラテジーの販売者により任意に投稿されるもので、掲載された情報の真実性・価値を保証するものではありません。また、ブログの内容はお客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の有価証券の売買あるいは特定の証券取引の勧誘を目的としたものではありません。ブログに掲載された情報に起因するいかなる損害・損失に対しても弊社株式会社トレジスタおよびブログ投稿者は一切の責任を負いません。掲載内容のご判断は投資家ご自身の判断と自己責任でお願いいたします。