取引回数を絞って勝率を上げる


取引回数を絞って勝率を上げる
2018年2月13日(火) 23:17:03 トレシズ
 
「シストレで勝てない…どうすればいいだろうか?」

という方におすすめのアプローチ方法としましては、

「シグナル数を減らして勝率を上げる」

という手法があります。

あくまで個人的な考えなのですが、

「シストレでは、シグナル数が多ければ多いほど難易度が高い」

とは言えるかもしれません。

これはなぜかといいますと、

・シグナル数が増えるほどDDが大きくなりがちなので、資金管理方法が難しくなるため
・シグナル数が増えるほど、新興銘柄などボラのある銘柄が増えるため
・また、資産変動が激しくなったり、またシグナル数が多い点から、その戦略の特性を掴みづらくなるため

などの理由が大きいからではないか?

とは思っていたりしますね〜。

シグナル数が少なければ少ないほど、

その戦略の特性が掴みやすくなるのは明らかですし、

また取引機会が減りますので、

DDも必然的に小さくなるから、

という理屈です。

そのため、

シストレで勝ちたいがどうしても勝てないという場合には、

「一旦全てをリセットし、全戦略を勝率重視&取引回数少なめで組みなおすのも手」

と考えていたりするほどですね〜(ぇ

ただもちろん、

勝率重視でも、

ペイオフレシオの値は無視できません苦笑

といいますのも、

ペイオフレシオの値を小さくすればするほど勝率は上がりやすいということにはなりますが、

ペイオフレシオの値が小さければ小さいほどコツコツドカン、

極論ではマーチンゲールに近づいていくため、

やはり0.5〜0.8以上など最低限の数字は確保した方が無難かもしれません汗

「取引回数が少ないと、結構機会損失になるんじゃないの?」

という疑問が沸かれるかもしれません。

これに対する個人的な回答としましては、

…まったくもっておっしゃる通りにはなると思います苦笑

ただとはいえ、

とっかかりとして一番大事なのは、

「シストレで勝つ感覚を身につけること」

だと思ってるんですよね。

そのためまずは、

少ないシグナル数でも年間トータルプラスを目指す、

といった感じで、

「まずは自分の勝てるスタイルを作り上げることが何よりも大事」

と考えています。

1戦略単位でシグナル数が少ないのであれば、

シンプルに、

勝率の高い戦略を複数組み合わせればいい、

という考え方が、

結構おすすめだったりしますね。

といいますのも、

・1戦略に、勝率の高さと取引回数の多さを望むのは酷(というより、開発難易度がものすごく高い)

という点があるためです。

取引回数を絞って勝率を上げるためには、

・仕掛け条件を厳しくする
・または、ボラの大きい新興銘柄を売買対象外とし、基本東証一部銘柄主体で攻める(これは厳密には勝率を上げる手法とは若干異なりますが、1トレード単位の平均損失の値が確実に小さくなりますので、初心者向きの手法だと思っています。)

などの対策が考えられます。



・ブログはトレジスタ・ストラテジーオンラインおよびストラテジーの販売者により任意に投稿されるもので、掲載された情報の真実性・価値を保証するものではありません。また、ブログの内容はお客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の有価証券の売買あるいは特定の証券取引の勧誘を目的としたものではありません。ブログに掲載された情報に起因するいかなる損害・損失に対しても弊社株式会社トレジスタおよびブログ投稿者は一切の責任を負いません。掲載内容のご判断は投資家ご自身の判断と自己責任でお願いいたします。