戦略が正しい銘柄にシグナルを出すように調整していく


戦略が正しい銘柄にシグナルを出すように調整していく
2018年4月14日(土) 23:06:43 トレシズ
 
株シストレで勝つための1つの考え方としまして、

「出来高が増えやすい箇所を狙う」

というものがあります。

要するに、

株価が上がるためには、

売り手よりも買い手が多くなければならなく、

「そのためには出来高が必要になるから」

ということですね〜。

ただもちろん、

前日段階では翌日の出来高は分かりませんし、

一方、

当日には出来高は分かるものの仕掛けが遅れてしまう懸念がある点があります。

もちろん、

「前日段階でもはっきりと、翌日の出来高が増えることが分かるケース」

というのもあるもので、

たとえば、

・前日がストップ高だった場合
・前日の引け後に好材料が出た場合

などが代表的でしょうか。

とはいえこれらも知ってからでは既に遅く、

…翌日株価は上の方に飛んで行ってしまいますが苦笑

そのためですが、

あくまで私の場合ですと、

「まず、シナリオをたてる」

という考え方をする場合が多いです。

たとえばですが、

・この節目を超えたら青天井になるから、この節目を超えたら仕掛けよう
・ここまで押したら投げ売りが出てくる。だとしたら、恐怖を感じて投げ売りが出る際のオーバーシュートの底を狙う意味で、かなり深く指そう

こういったイメージですね。

こういったシナリオは、

前日段階でもたてることができます。

もちろんそのシナリオ通りに動くわけでもないですが、

シナリオがない状態よりは動きやすいのは事実ですし、

シストレ戦略の挙動がもしシナリオと違っているのであれば、

修正箇所として明確になってくるという点でも、

より効率的になってくる、

とは思っていたりしますね〜。

たとえばブレイクアウト狙いの場合、

見る必要がある銘柄と、

見る必要がない銘柄に分かれるものです。

また、

オーバーシュート狙いの場合にしても然りですね。

こういった感じで、

「戦略の目的を明確にし、その戦略が正しい銘柄にシグナルを出すように調整していく」

という行程が結構大事だと思っています。



・ブログはトレジスタ・ストラテジーオンラインおよびストラテジーの販売者により任意に投稿されるもので、掲載された情報の真実性・価値を保証するものではありません。また、ブログの内容はお客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の有価証券の売買あるいは特定の証券取引の勧誘を目的としたものではありません。ブログに掲載された情報に起因するいかなる損害・損失に対しても弊社株式会社トレジスタおよびブログ投稿者は一切の責任を負いません。掲載内容のご判断は投資家ご自身の判断と自己責任でお願いいたします。