総資金と市場投入資金について


総資金と市場投入資金について
2018年5月18日(金) 16:04:56 トレシズ
 
最適分散投資の設定で、

「総資金」と「市場投入資金」という2つの項目があります。

たとえばですが、

・総資金: 5000千円(500万)
・市場投入資金: 5000千円(500万)(もしくは100%)

のように設定されている箇所ですね。

「総資金と市場投入資金は必ず同じ金額にしなければならないか?」

という観点ですと、

「決してそんなことはない」

という結論にはなるかと思います。

総資金と市場投入資金の2つがあるのは、

「予備資金」

を設定するのに必要なため、

と思っていたりしますね〜。

たとえばですが、

(A)総資金500万、市場投入資金500万

という設定の場合、

予備資金は0円ということになります。

この際に、

運用開始初日にたとえば−50万のDDが発生したとします。

上記設定の場合予備の資金がないため、

−50万のDD分を埋めることができないので、

翌日の市場投入資金は450万円になってしまう、

ということですね。

500万が450万になってしまいますと、

当然仕掛けた際のパワーも落ちてしまいますので、

50万のDDを回復させるためには結構時間がかかってしまいます。

つまり上記のような予備資金を設けないやり方は、

「序盤の運用結果の影響が非常に大きくなるやり方」

とは言えるかもしれません。

ただ一方、メリットを挙げるとすれば、

レバレッジ1倍という前提ですと、

「500万以上は負けない設定」

という点ですね。

一方、

「50万のDDは許容しよう」

というスタイルの場合、

(B)総資金550万、市場投入資金500万

というように設定する方法もあります。

この設定方法の場合何か違うかといいますと、

「資金が500万を切るまでは、市場投入資金が500万のまま」

という点ですね。

つまり、

序盤勝っても負けても、

しばらくはパワーが一定になる設定となります。

そのため、

同じ50万を取り返す速度も、

こちらの設定の方が早くなります。

デメリットを挙げるとすれば、

(B)の方は最大550万負ける可能性がある設定ということですね。

個人的に(A)と(B)のどちらが好きか?

という観点ですと、

…実は(B)の方がだいぶ好みです(ぇ

といいますのも、

個人的には「余力」という概念を非常に大事にしますので、

予備資金もある意味余力の一要素であり、

無視はできないと考えているからですね。

最初DDで始まり、

その後リバウンドをきっちり取っても元本が回復しないようなケースの場合、

ポートフォリオ全体で(A)のパターンを採用していないかどうか?

のチェックが必要だと思います。

あと注意点としましては、

「(B)の方が通算利益率が小さく見える」

という点ですね。

たとえばですが、

上記戦略のバックテストの損益が+1500万だったとします。

(A)の場合、

総資金が500万ですので利益率は

1500÷500×100=+300%

となります。

一方(B)の方は、

総資金が550万となりますので、利益率は

1500÷550×100=+272%

という計算になります。

利益率は総資金に対して計算するため、

「総資金が大きいほど利益率が小さく見えるのは必然」

ということにはなってきますが、

結論的には、

「(A)も(B)も損益は+1500万で同じ」

という点を重視した方がいいかもしれません。

通算利益率は落ちて見えるものの、

トータル的な(バックテスト結果の)収支は一緒、

ということですね。
(※注:フォワードでは差が出ます。)

その上で、

「序盤勝ちで始まったか負けで始まったかという、運用開始時期の影響を軽減できる」

という観点を考えますと、

個人的には(B)の方が優秀ではないか?

と思っていたりします。

また、

(B)の設定を採用する場合には、

市場投入資金を%ではなく、

「5000千円」

などと設定した方が直感的だと思っています。



・ブログはトレジスタ・ストラテジーオンラインおよびストラテジーの販売者により任意に投稿されるもので、掲載された情報の真実性・価値を保証するものではありません。また、ブログの内容はお客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の有価証券の売買あるいは特定の証券取引の勧誘を目的としたものではありません。ブログに掲載された情報に起因するいかなる損害・損失に対しても弊社株式会社トレジスタおよびブログ投稿者は一切の責任を負いません。掲載内容のご判断は投資家ご自身の判断と自己責任でお願いいたします。