50円以下の低位株の仕掛け方法


50円以下の低位株の仕掛け方法
2018年6月5日(火) 20:58:09 トレシズ
 
50円以下の低位株は、

逆指値の仕掛けの際には工夫が必要と思っていたりしますね〜。

これはなぜかといいますと、

「スリッページの影響が大きすぎるため」

です。

株価が小さくなるほど、

1ティックあたりの影響が大きくなりますので、

建て値が1ティックずれるだけでも結構な誤差が出てしまうわけですね苦笑

超低位株の場合、

イザナミでは逆指値における建て値が小さく計算されやすくなりますので、

私の場合ですと、

以下のような感じにしています。

株価30円以下の場合:スリッページ負荷3%
株価50円以下の場合:スリッページ負荷2%
それ以上の場合:スリッページ負荷1〜1.5%

実際のところ、

超低位株の場合には、

逆指値を使わない方が確実かもしれないとは考えておりまして、

成行や指値、引成等、

スリッページが発生しない仕掛け方の方がより正確で好ましい、

とは言えるのかもしれません苦笑

私自身はトレード日記側で超低位株用戦略も使っていますが、

しょっちゅうではないのですが、

たまに噴くため、

エキサイティング要素(?)という意味では面白い戦略かもしれませんね笑



・ブログはトレジスタ・ストラテジーオンラインおよびストラテジーの販売者により任意に投稿されるもので、掲載された情報の真実性・価値を保証するものではありません。また、ブログの内容はお客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の有価証券の売買あるいは特定の証券取引の勧誘を目的としたものではありません。ブログに掲載された情報に起因するいかなる損害・損失に対しても弊社株式会社トレジスタおよびブログ投稿者は一切の責任を負いません。掲載内容のご判断は投資家ご自身の判断と自己責任でお願いいたします。