戦略にどんな役割を持たせるか?


戦略にどんな役割を持たせるか?
2018年6月12日(火) 01:31:00 トレシズ
 
手持ち戦略のうち、

「全ての戦略の調子が良くなければならないか?」

という観点でいいますと、

あくまで個人的な考えとしましては、

「全ての戦略の調子が良くなくてもいい」

という結論になります(ぇ

といいますのも、

ボックスや下落トレンドで順張り買いの成績に期待しすぎるのも酷ですし、

そのときそのときの相場状況によって、

その相場を得意とする戦略は変わるからですね〜。

そういう相場を得意とする戦略の調子が良ければいい、

というイメージです。

あとはその上で、

「その戦略にはどういう役割を持たせているか?」

という点の考慮も必要かもしれません。

たとえばですが、

(A)シグナルを絞って、できるだけピンポイントにシグナルを出すようにしているか?
(B)それとも、比較的緩いシグナルにして、ある程度のDDを許容しているか?

などですね。

(A)の方はDD抑制を重視した考え方、

(B)の方は、ある程度のDDは認めた上でちょっとした相場変化でも取りこぼしを避けるやり方ですね〜。

どういう役割を持たせているか?を考えておくのは得策だと思っています。

その上で私の場合ですと、

最近はどちらかというと(A)の組み方を採用する場合が多いかもしれませんね〜。

要するに、

「シグナルはある程度絞ってDDを抑える。シグナルの少なさは戦略数でカバーする」

といったスタイルです。

ただ、

銘柄の重複は許容していますので、

…変な銘柄を引くと時々大DDにはなりますが苦笑(ぇ

コツコツドカンになるのは間違いないのですが、

変な銘柄を引かない時は(これが大半ですが苦笑)、

結構コツコツした感じになりやすいのが特徴かもしれません。

これはこれであくまで1つという感じですが、

「利回りを上げるよりも、DDを抑えるように改良していく」

というのは、

1つのアプローチ方法かもしれない、

と考えていたりします。



・ブログはトレジスタ・ストラテジーオンラインおよびストラテジーの販売者により任意に投稿されるもので、掲載された情報の真実性・価値を保証するものではありません。また、ブログの内容はお客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の有価証券の売買あるいは特定の証券取引の勧誘を目的としたものではありません。ブログに掲載された情報に起因するいかなる損害・損失に対しても弊社株式会社トレジスタおよびブログ投稿者は一切の責任を負いません。掲載内容のご判断は投資家ご自身の判断と自己責任でお願いいたします。