隠された真実を探すこと


隠された真実を探すこと
2018年7月3日(火) 21:31:23 トレシズ
 
スイング戦略では、

始値・高値・安値・終値という四本値と出来高等を使いますが、

実際のところ、

…これだけではない、

という事実があります(ぇ

といいますのも、

たとえばですが、

・前日比が+20%まで上がった銘柄が、場中の利確で押し、上髭を付ける
 ↓
・そこに指値で買いを入れる
 ↓
・そして最終的に、ストップ高で引ける

こういった動きがあったりするためですね。

ただかといって、

「指値が約定したかどうか?」

を過去にさかのぼって検証する術はない、

ということです。

株シストレでは意外と、

こういった

「検証する術がない手法に、隠れた有効性がある手法が眠っている」

と思っているほどで、

私自身も上記のような、

検証のしようがない手法を多用しています苦笑

「検証しようがない手法だと、勝てるかどうか分からないんじゃないの?」

といった疑問が沸かれるかもしれません。

実際のところ、

…勝てるかどうかは分かりません(コラ

ただ、

これは試さないことには分からない部分、

とは思っていたりしますね〜。

私自身も、

そういった手法に関しては、

細かくデータを取って、フォワードでの有効性を確認し、

確認できたのなら継続、

できなかったのなら修正、

といった行程を採用する場合が多いです。

こういった試行錯誤を経てうまくいく場合も、

そうでない場合もありますが、

やはり、

株シストレに関しても、

「探究心が大事」

と身に染みる場合が多いですね苦笑



・ブログはトレジスタ・ストラテジーオンラインおよびストラテジーの販売者により任意に投稿されるもので、掲載された情報の真実性・価値を保証するものではありません。また、ブログの内容はお客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の有価証券の売買あるいは特定の証券取引の勧誘を目的としたものではありません。ブログに掲載された情報に起因するいかなる損害・損失に対しても弊社株式会社トレジスタおよびブログ投稿者は一切の責任を負いません。掲載内容のご判断は投資家ご自身の判断と自己責任でお願いいたします。