狙い銘柄を絞るために仕掛け条件を入れていくのは、過剰最適化ではない?


狙い銘柄を絞るために仕掛け条件を入れていくのは、過剰最適化ではない?
2018年7月29日(日) 14:05:20 トレシズ
 
高資金でできることを低資金でもできるように圧縮していく、

何度か書かせていただいておりますが、

シストレで効率を追求するにはこれしかない、

と思っているほどですね苦笑

たとえばですが、

おおまかな話ですと、

ボラティリティが小さい相場では順張り買いが効きます。

一方、ボラティリティが大きい相場では逆張り買い主体、

ということになります。

そのため、

相場情報などを使い、

ボラティリティの大きさを判別し、

小さかったら順張り買いが発動するようにし、

大きかったら順張り買いのポジションは切って逆張り買い主体にする、

などのアイデアが、

資金圧縮のための1つのアイデアになってきます。

あとはやはり、

日々のポジション量の調整、

これが思った以上に重要かもしれませんね〜。

といいますのも、

1日あたり300銘柄のシグナル等が出ましても、

…全てに仕掛けられないためです苦笑

なので、

主に市場暴落時期、

もしくは市場暴騰時期のポジション量を、

許容範囲内におさめていくという作業は、

私自身も非常に重要視していたりしますね〜。

「どういう銘柄を狙うか?」

というコンセプトを戦略毎に決めていき、

複数の戦略でバランスをとっていく、

という行程がベターだとは思いますし、

また、

「狙い銘柄を絞るために仕掛け条件を入れていくのは、過剰最適化ではない」

と思っていたりします(ぇ

…もちろん、これは組み方によりますが苦笑



・ブログはトレジスタ・ストラテジーオンラインおよびストラテジーの販売者により任意に投稿されるもので、掲載された情報の真実性・価値を保証するものではありません。また、ブログの内容はお客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の有価証券の売買あるいは特定の証券取引の勧誘を目的としたものではありません。ブログに掲載された情報に起因するいかなる損害・損失に対しても弊社株式会社トレジスタおよびブログ投稿者は一切の責任を負いません。掲載内容のご判断は投資家ご自身の判断と自己責任でお願いいたします。