システムトレードの手法はいろいろある


システムトレードの手法はいろいろある
2018年10月4日(木) 23:32:28 トレシズ
 
表題の通りですが、

「システムトレードの手法はいろいろある」

という点は、

結構重要なことだと思っていたりしますね〜。

勝率を追う方法が1つとしまして、

あくまでそれは1つ、

ということですね。

「それだけが正しいというわけではない」

ということです。

あくまで個人的な主観ではあるのですが、

短期トレードというものは、

やはり資金が大きくなればなるほど難しくなってくる、

というのは事実かなと思っています(ぇ

大きいというのは、

…もちろん億単位以上ですね苦笑

そこで台頭してくるのが、

「中長期トレード」

かな?と考えていたりはするのですが汗

これはなんといいますか、

中長期トレードの場合、

マーケットインパクトの影響を減らせるわけですね。

といいますのも、

保有日数が元々長いわけですので、

ある程度の期間で仕掛け・手仕舞いを数回に分けられる点もあるためです。

裁量トレードの上級者の方でも、

口を揃えて「何よりも手仕舞いが難しい」とおっしゃるほどですので、

短期トレードはある程度資金が小さい方がやりやすいのは事実、

とは言えるのかもしれません。

手法はやはり、

いろいろあると思います。

大事なのは、

「極める」

ことでしょうね苦笑

そのため、

勝率重視が好みなら、

「徹底的に、勝率重視の組み方を極めることが大事」

と考えていたりします。



・ブログはトレジスタ・ストラテジーオンラインおよびストラテジーの販売者により任意に投稿されるもので、掲載された情報の真実性・価値を保証するものではありません。また、ブログの内容はお客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の有価証券の売買あるいは特定の証券取引の勧誘を目的としたものではありません。ブログに掲載された情報に起因するいかなる損害・損失に対しても弊社株式会社トレジスタおよびブログ投稿者は一切の責任を負いません。掲載内容のご判断は投資家ご自身の判断と自己責任でお願いいたします。