手仕舞い位置の調整


手仕舞い位置の調整
2018年10月12日(金) 23:17:27 トレシズ
 
戦略のパフォーマンスは、

結構

「手仕舞い位置」

で変わる場合も多いものです。

たとえば、

中途半端な押しの場合、

リバウンドも短期で終わる場合が多いですので、

絶対ではないのですが1〜2日などの短期保有が好ましい場合が多くなりますが、

たとえば3.11や、

今回の暴落のような比較的強い押しの場合、

「押し幅が大きいので、リバウンド幅も大きい」

という特徴がある場合が多い、

とは思っていたりしますね。

たとえば成行仕掛けの戦略の場合、

リバウンド中の動きも比較的取りやすいので問題ないのですが、

たとえば下で指す指値戦略などの場合、

リバウンド中は株価が上に行きやすいので、

「約定率が落ちる」

という欠点があったりします。

もちろんこれは、

一方で「リスク抑制」というメリットもあったりしますが苦笑

こういった際の対策方法としましては、

(A)TOPIX等がある程度押した場合のみ、保有日数を長くする
(B)TOPIX等がある程度押した場合のみ、仕掛け方法を成行に変える

などの手法が考えらえます。

もちろん、

TOPIX等がある程度押した場合というのは、

「かなり押した場合」

ですね汗

中途半端な位置では、

やはり保有日数を長くしたりするのは危険、

と考えられます。

少なくとも、

今回の暴落レベルには耐えられるぐらいの位置にする必要がある、

と考えられます。

・TOPIXの期間上昇率(3日)が−〇%を切っているなら買いの保有日数を長くする
・または、TOPIXの期間上昇率(3日)が−〇%を切っているなら買いの仕掛け方法を成行に変える

といったカスタマイズ方法が有効な戦略もあると思いますので、

いろいろ検証してみると面白いかもしれません。

もちろん上記「3日」という数字は適当ですので、

このあたりも調整が必要です汗



・ブログはトレジスタ・ストラテジーオンラインおよびストラテジーの販売者により任意に投稿されるもので、掲載された情報の真実性・価値を保証するものではありません。また、ブログの内容はお客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の有価証券の売買あるいは特定の証券取引の勧誘を目的としたものではありません。ブログに掲載された情報に起因するいかなる損害・損失に対しても弊社株式会社トレジスタおよびブログ投稿者は一切の責任を負いません。掲載内容のご判断は投資家ご自身の判断と自己責任でお願いいたします。