ゴッドファンダにつきまして


ゴッドファンダにつきまして
2018年12月6日(木) 14:14:08 トレシズ
 
初のファンダメンタルズ対応戦略となります、

ゴッドファンダをリリースさせていただきました笑

関係者様一同に感謝申し上げます。

今回あえて「長期戦略」というカテゴリーを選んだのは、

私自身が運用していて、

「ラク」

と感じた点が一番大きいかもしれません苦笑

なんといいますか、

買って放置という感じなので、

預金感覚に近いところがあるかもしれませんね。

「割安だから買っている」

という根拠があるので、

短期トレードほど日々の収支を見ない感じです。

実際保有銘柄でも、

過去の配当利回りがある銘柄が多く、

3%以上の配当がある銘柄も5銘柄ほどあり、

株価の変動がなければという前提と、

配当がちゃんと出ればという前提でのお話となりますが、

…それだけで銀行の預金の金利は超えるのではないか?

と思うほどです(ぇ

ただもちろん、

実際のところは株価の変動がありますのでご注意ください。

あとは、

短期トレードの場合、

どうしても「ゼロサム」になりやすいとは思います。

ただ、長期の場合ですと、

そこに「企業の成長力」といった要素が加わりますため、

ゼロサム的な要素は緩和しやすいのではないか?

とは思っていたりしますね〜。

ゴッドファンダの【水】以外の買いでは、

基本業績がいい銘柄を狙いますので、

自社株買い、配当開始、増配や上方修正、東証一部への鞍替え、株式分割(最近は分割という理由は材料としては弱いですが苦笑)なども銘柄によっては期待できる可能性があるという意味では、

個人的に結構面白さを感じるロジックです笑

あとはやはり、

ユーザー様から

「長期戦略はないですか?」

といったご質問を過去に結構いただいていたこともあり、

ニーズにお応えしたかったという部分もあります。

おそらく皆様の気になる点が

「検証期間」

ではないかと思っているのですが、

ファンダメンタルズ戦略ではKABU+のデータを使いますため、

KABU+のデータが存在する期間でないと検証できない、

という点があります。

そのため長くても2015年〜になってしまうのですが、

もちろん、

2008年リーマンショックや、3.11などの動きは考慮して作っているつもりです。

たとえば、3.11のような動きに対する想定は以下のような感じです。

・まずは根本的に時間分散を導入
・TOPIXが3.11と同じテクニカルならという前提ですが、まず【止】ではポジションが減りやすい動きと想定
・その上で、【水】の売りポジションにより買いの【鏡】1個分のDDをヘッジ
・【明】はトレーリングストップの利確or損切りにより対応
・底値では【止】の逆張り買いが仕掛けて行く

もちろんこれはあくまで想定なので、

まったく保証はできませんが苦笑(コラ

ただ、私自身の経験を生かし、

こういった相場への対策はいろいろ盛り込んだつもりです。

あとはやはり、

「NISA対策」

ですね。

実際、

枠となる額が小さすぎるのは問題なものの、

20%ほどの税金が取られないというのは非常に魅力だと思っておりまして、

NISAを活用するなら長期戦略しかない、

というところがあります。

特に【明】や【鏡】は保有日数が長いため、

120万までをNISA枠、

それ以外は現物、といった活用方法が考えられます。

ただもちろん、

実際に戦略を運用されるかどうかはユーザー様の任意となります点をあらかじめご了承ください汗

売りに信用規制判別をかませるテクニックや、

ファンダメンタルズ系指標の使い方などは、

他戦略にも応用が効くのではないか?と思っていたりします。

ゴッドファンダにつきまして、

ご不明点がありましたらお気軽にご連絡くださいね。

ゴッドファンダ【明】
http://www.torezista.com/strdetail/504/

ゴッドファンダ【鏡】
http://www.torezista.com/strdetail/505/

ゴッドファンダ【止】
http://www.torezista.com/strdetail/506/

ゴッドファンダ【水】
http://www.torezista.com/strdetail/507/



・ブログはトレジスタ・ストラテジーオンラインおよびストラテジーの販売者により任意に投稿されるもので、掲載された情報の真実性・価値を保証するものではありません。また、ブログの内容はお客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の有価証券の売買あるいは特定の証券取引の勧誘を目的としたものではありません。ブログに掲載された情報に起因するいかなる損害・損失に対しても弊社株式会社トレジスタおよびブログ投稿者は一切の責任を負いません。掲載内容のご判断は投資家ご自身の判断と自己責任でお願いいたします。