リスクは抑えつつ、なるべく大きな資金を使う


リスクは抑えつつ、なるべく大きな資金を使う
2019年1月10日(木) 23:48:38 トレシズ
 
資金量の割り当て

たとえば、

資金量が1000万だったとしまして、

「1戦略にどれぐらい割り当てるか?」

という点は非常に難しいところだと思います。

これは実際のところ、

戦略による、という感じでして、

100万の割り当てが正しい場合もあれば、

場合によっては1000万の割り当てが正しい場合もある、

と思っていたりしますね〜。

あくまで個人的な考えですと、

「リスクは抑えつつ、なるべく大きな資金を使うようにした方がいい」

といった考え方主体かもしれませんね。

要するに、

「銘柄分散数をできるだけ増やす」

といった考え方です。

このあたりの考え方は、

シストレ序盤の頃には難しいですし、

大きい資金を使うということはリスク増加につながりますので、

あくまで初級者の枠を超えてきた頃におすすめの考え方、

という感じではありますが汗

慣れてきますと、

「資金がある程度大きい方がシストレは勝ちやすい」

という点を実感される場合が多いのではないか?

とは思っていたりします。

もちろんこのあたりは戦略の仕掛け方法にもよりまして、

たとえば成行買いの場合には総資金を抑えるべきですし、

深い指値買いだったら結構総資金を増やした方がいいといった感じで、

戦略によりだいぶ変わってきます。

基本的にはやはり、

最適分散投資後の「日次損益」で、

日々のポジション量を確認することは必須かもしれませんね。



・ブログはトレジスタ・ストラテジーオンラインおよびストラテジーの販売者により任意に投稿されるもので、掲載された情報の真実性・価値を保証するものではありません。また、ブログの内容はお客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の有価証券の売買あるいは特定の証券取引の勧誘を目的としたものではありません。ブログに掲載された情報に起因するいかなる損害・損失に対しても弊社株式会社トレジスタおよびブログ投稿者は一切の責任を負いません。掲載内容のご判断は投資家ご自身の判断と自己責任でお願いいたします。