ポートフォリオ構成を考える


ポートフォリオ構成を考える
2019年1月12日(土) 23:31:45 トレシズ
 
逆張り買いでは、

本当に底で仕掛けるようなツチノコタイプが1つですが、

このツチノコタイプですらも、

…若干タイミングがずれる場合があります苦笑

こればっかりは相場状況によりますのでなんとも言えないのですが、

ただ、ツチノコタイプでシグナルが出る場合、

多くの場合ですが、

「実際に底に近い場合が多い」

とは言えるかもしれません。

そのため個人的な考え方としましては、

「若干タイミングがずれるのは仕方がない。むしろ、取りこぼしを避けるべき」

という考え方が主体かもしれませんね。

なので、

そういった滅多にシグナルが発生しない戦略でシグナルが発生しましたら、

「ある程度の期間シグナルを出し続ける」

といったポートフォリオ構成にするようにしていたりします。

そのため、

相場のある程度底に近づいてきますと、

自動的にシグナル数が増えていく感じですね。

私自身のスタイルとしましては、

もちろん上記のような逆張り買いも使いますが、

もっと浅い押し目買い的なものも多用します。

押し目買いの方は、

上記のように相場が押した際には、

シグナル数が減っていくような構成になっていたりします(ぇ

これはなんといいますか、

底抜け相場では押し目買いが一番食らうためですね苦笑

そのため、

同じ逆張り買いでも狙う位置が異なる、

という点があるかもしれませんね〜。

あくまで上記は一例ですが、

「ポートフォリオ構成を考える」

というのは本当に奥が深いと思いますね。



・ブログはトレジスタ・ストラテジーオンラインおよびストラテジーの販売者により任意に投稿されるもので、掲載された情報の真実性・価値を保証するものではありません。また、ブログの内容はお客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の有価証券の売買あるいは特定の証券取引の勧誘を目的としたものではありません。ブログに掲載された情報に起因するいかなる損害・損失に対しても弊社株式会社トレジスタおよびブログ投稿者は一切の責任を負いません。掲載内容のご判断は投資家ご自身の判断と自己責任でお願いいたします。