株シストレの位置付けについて語る(ぇ


株シストレの位置付けについて語る(ぇ
2019年1月13日(日) 23:38:15 トレシズ
 
投資には実にさまざまなジャンルがありますが、

個人的に「株シストレ」を最近どういう位置付けで考えているかといいますと、

ズバリ、

「攻めの運用対象」

ですね苦笑

といいますのも、

銀行預金や定期預金を始め、

安全な運用対象というのはいっぱいあります。

…ただもちろん、

そういったリスクが小さいものはリターンも小さいですが汗

もちろん全員ではないとは思うのですが、

株シストレの世界に入ってくる方の中でも多くの割合を占めるのは、

「裁量トレードで勝てない方である場合」

であるとは思っていたりします。

…私自身がそうですが苦笑

その上で、

株はやはり、

有名な先人の方たちがいらっしゃるように、

非常に爆発力がある投資対象だと思うんですよね。

ただ、

FXや仮想通貨ほどはリスクが高くなく、

買いであれば倒産等がなければ0になることはないという意味で、

やり方にもよりますが、

基本ミドルリスクだとは思っていたりします。

裁量で1点買い等ですともちろんハイリスクになりますが、

株シストレは基本ミドルリスク、

という位置付けで考えていたりしますね。

なので、

あくまで私自身は、

「株シストレでは他の投資対象よりも攻める」

という点を意識しているかもしれません。

このあたりは

「資金量にもよる」

と思っておりまして、

もちろん当たり前ですが、

資金が大きくなるほどリスクは取りにくい、

とは思いますね〜。

逆に、

資金が小さいほどリスクは取りやすいとは思っています。

投資資金はいくつか分散し、

もちろん比較的安全な投資対象に投資することによりインカムゲインを狙う一方、

株シストレでは積極的にキャピタルゲインを狙っていく、

こういったスタイルになりつつあります笑

株シストレはなんといいますか、

不動産のように流動性が低くないため、

出口戦略を描くのが簡単という意味でも、

手軽な手法だと思いますね。

「余剰資金で、攻める」

というのが、

1つのスタイルかなと考えています。



・ブログはトレジスタ・ストラテジーオンラインおよびストラテジーの販売者により任意に投稿されるもので、掲載された情報の真実性・価値を保証するものではありません。また、ブログの内容はお客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の有価証券の売買あるいは特定の証券取引の勧誘を目的としたものではありません。ブログに掲載された情報に起因するいかなる損害・損失に対しても弊社株式会社トレジスタおよびブログ投稿者は一切の責任を負いません。掲載内容のご判断は投資家ご自身の判断と自己責任でお願いいたします。