仕掛けの根拠


仕掛けの根拠
2019年2月7日(木) 23:45:32 トレシズ
 
たとえば指値で下で待つスタイルの場合、

「短期的には下値余地が小さいから仕掛ける」

という点が、

「仕掛けの根拠」

になる場合が多いと思います。

もちろんそれでも、

そこからさらに下がりすぎたら損切り対象にはなりますが、

基本的には勝率が高い手法ですね。

こういった感じで、

株シストレ戦略でも、

「仕掛けの根拠というものを重視した方がいい」

とは思っていたりしますね〜。

たとえば、

上記のように下値余地が小さいから仕掛けるという根拠がある戦略で、

そこからさらに底抜けする場合が多いのであれば、

「それは下値余地が小さいという根拠が崩れているため、カスタマイズ対象になる」

ということですね。

もちろん「期待値」という数字そのものも根拠の1つにはなると思いますが、

それだけだとどうしても戦略に対する信頼的には弱いとは考えておりまして、

「どういう理由で期待値があるのか?」

という点を説明できるぐらいには、

戦略の理解が必要、

だと思っていたりします。



・ブログはトレジスタ・ストラテジーオンラインおよびストラテジーの販売者により任意に投稿されるもので、掲載された情報の真実性・価値を保証するものではありません。また、ブログの内容はお客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の有価証券の売買あるいは特定の証券取引の勧誘を目的としたものではありません。ブログに掲載された情報に起因するいかなる損害・損失に対しても弊社株式会社トレジスタおよびブログ投稿者は一切の責任を負いません。掲載内容のご判断は投資家ご自身の判断と自己責任でお願いいたします。