低期待値戦略も便利?


低期待値戦略も便利?
2019年2月12日(火) 23:53:53 トレシズ
 
1月後半等は、

トレンドがはっきりしない感じで、

かつボラがそこまではない相場、

という感じでした。

こういう相場では一般的に、

逆張り買い系ですとシグナル数が減りやすい時期、

とは言えるかもしれません。

「シストレにはボラが必要」

というのは、

実際正しいと思っていたりしますね〜。

ただ、

「こういうボラのない時期にシグナルを出せないか?」

と言いますと、

…意外とそうでもなかったりします(ぇ

ならどうすればいいかといいますと、

「1トレードあたりの期待値を落とす」

ということですね苦笑

たとえば高期待値タイプの戦略等、

期待値を追う戦略ではシグナル数が減るものの、

たとえば1トレードあたりの期待値が1%未満の戦略等、

期待値をあまり追わない戦略ではシグナル数を維持できる、

という形です。

これは要するに、

ボラがないため、

大きく行き過ぎる銘柄が減るものの、

軽く動いて多少の期待値がある銘柄というのは結構あるため、

といった感じでしょうか。

あくまで個人的には、

こういう「低期待値戦略」を結構使います笑

1トレードあたりではあまり迫力がある動きをしない場合が多いですが、

実際シグナル発生頻度は非常に高い感じですね。

低期待値戦略はややリスク管理が難しいため、

ある程度は投入資金を抑えないと難しいところがありますが、

資金効率の向上という観点ですと、

結構便利、

という位置付けかもしれませんね〜。



・ブログはトレジスタ・ストラテジーオンラインおよびストラテジーの販売者により任意に投稿されるもので、掲載された情報の真実性・価値を保証するものではありません。また、ブログの内容はお客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の有価証券の売買あるいは特定の証券取引の勧誘を目的としたものではありません。ブログに掲載された情報に起因するいかなる損害・損失に対しても弊社株式会社トレジスタおよびブログ投稿者は一切の責任を負いません。掲載内容のご判断は投資家ご自身の判断と自己責任でお願いいたします。