DDの大きさはそこまでは気にしないほうがいい?


DDの大きさはそこまでは気にしないほうがいい?
2019年6月28日(金) 23:09:18 トレシズ
 
あくまで個人的な考えですと、

「DDの大きさはそこまでは気にしないほうがいい」

というのが持論かもしれませんね〜(ぇ

もちろん、

…50%を超えるようなものは厳しいですが苦笑

ただ、

過去最大DDというものはあくまで過去の最高というだけであり、

将来的に更新していくもの、

という感じかもしれません。

そのため、

過去の最大DDの二倍ぐらいのDDになることは、

普通にありえることです。

このあたりをどう考えるか?

というテーマですと、

「仕掛け条件等ではなく、売買対象銘柄をはじめから絞り込んでおくという対策が有効」

と思っていたりしますね(ぇ

たとえばですが、

2008年等のDDを抑えるために仕掛け条件をどんどん追加していくことは、

過剰最適化につながる懸念も否定できません汗

そうではなく、

「資金量に合わせて、初めから売買対象銘柄を絞り込んでおく」

という対策は、

あくまで個人的な経験上ですと、

過剰最適化につながる可能性が低いのでおすすめだったりしますね〜。

実際いいロジックというものは、

「結構大きいDDになっても、しばらくして反発して戻る」

という動きをします。

ただ、シストレ初心者の方の多くが、

やはりといいますか、

その結構大きいDDの時点で投げてしまう、

という失敗をする場合も少なくない、

とは思うわけですね汗

この大きなDDに耐えられない原因としましてはやはり、

・資金量に対して、売買対象銘柄が多すぎるため
・また、1銘柄投入額等が多すぎるため

などの理由が考えられますので、

このあたりを運用開始前に調整するのがおすすめだったりしますね。

たとえば、

資金量が1億以上等大きい方の場合には全市場全銘柄を相手にしても耐えきれるとは思いますが、

そうではない場合には、

そこまでの売買対象銘柄はいらない、

というのがあくまで持論かもしれません汗(コラ



・ブログはトレジスタ・ストラテジーオンラインおよびストラテジーの販売者により任意に投稿されるもので、掲載された情報の真実性・価値を保証するものではありません。また、ブログの内容はお客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の有価証券の売買あるいは特定の証券取引の勧誘を目的としたものではありません。ブログに掲載された情報に起因するいかなる損害・損失に対しても弊社株式会社トレジスタおよびブログ投稿者は一切の責任を負いません。掲載内容のご判断は投資家ご自身の判断と自己責任でお願いいたします。