期待値マイナスで最適分散投資後プラスの戦略


期待値マイナスで最適分散投資後プラスの戦略
2020年7月30日(木) 20:23:54 トレシズ
 
「バックテスト段階の今年の期待値がマイナスなのに、最適分散投資後になぜか今年プラス」

といった現象はよくあります。

実際のところ、

…この逆の、

バックテスト段階の今年の期待値がプラスなのに、最適分散投資後になぜか今年マイナス

の方が多いのも事実ですが苦笑

あくまで個人的な考えでは、

期待値マイナスで最適分散投資後プラスの戦略の場合、

「そのロジックは、最適分散投資後の優先順上位なら有効な可能性が高い」

と考えます。

たとえば最適分散投資の優先順が

「移動平均乖離率(終値)(15日)が小さい順」

だったとします。

この場合、

「その戦略では、移動平均乖離率(終値)(15日)が小さい順の上位10銘柄ぐらいを狙うといい」

と考えるイメージですね。

バックテスト段階での期待値がマイナスということは、

つまり、



全シグナルに仕掛けると負けます汗

そのためそういった戦略では、

「最適分散投資の優先順上位10銘柄を、ランキング条件などを使って抽出するのがいいのではないか?」

と考えていたりしますね〜。

少なくともこういった戦略は、

「ロジックは機能している可能性が高い」

と思います。



・ブログはトレジスタ・ストラテジーオンラインおよびストラテジーの販売者により任意に投稿されるもので、掲載された情報の真実性・価値を保証するものではありません。また、ブログの内容はお客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の有価証券の売買あるいは特定の証券取引の勧誘を目的としたものではありません。ブログに掲載された情報に起因するいかなる損害・損失に対しても弊社株式会社トレジスタおよびブログ投稿者は一切の責任を負いません。掲載内容のご判断は投資家ご自身の判断と自己責任でお願いいたします。