引けで仕掛ける戦略


引けで仕掛ける戦略
2020年8月1日(土) 11:30:53 トレシズ
 
下にTOPIXの画像をアップさせていただきましたが、

昨日はなかなか押しが強かった感じですね。

ただ、現時点で日経平均先物は反発しており、

株では結構、

(1)大陰線を付けて結構下げる
 ↓
(2)翌日リバウンド

という動きが多いものです。

この際に、

「(1)大陰線を付けて結構下げる」

の段階では逆張り買いの仕掛けの場合、

基本は寄り近辺で約定する場合が多いので、

…結構なDDになっている場合も少なくありません苦笑

寄り近辺で仕掛けますと、

「寄り底」

という動きには非常に強くなりますが、

「寄り天」

という動きには非常に弱くなりますため、

ある意味やむを得ないところがあると思っていたりします。

あくまで個人的なスタイルですと、

もちろん寄り底を狙う逆張り買い戦略も使っていますが、

「寄りだけにリスクを集中させたくない」

という観点から、

「寄り天の末尾、つまりは引けで仕掛ける戦略」

というものも結構使っています。

こういった引けで仕掛ける戦略の利点としましては、

「大引けの仕掛けなので、仕掛け当日にはDDにならない」

という点があります。

寄りで仕掛ける戦略でDDになっても、

引けで仕掛ける戦略と資金を二分していた場合には、

仕掛け当日に発生するDDは半減しますので、

それなりにリスクヘッジになるのではないか?

と思っていたりしますね〜。

引けで仕掛ける戦略の場合、基本

「翌日値」

を使って組んでいく場合が多いと思います。

たとえばですが、

・TOPIXが翌日大陰線を付けた場合のみ、翌日の引けで仕掛ける

などといった組み方もありますし、

引けで仕掛ける戦略は結構、

通常戦略と異なる動きをしたりしますので、

いろいろ発見があるかもしれません笑

↓TOPIXの日足チャート





・ブログはトレジスタ・ストラテジーオンラインおよびストラテジーの販売者により任意に投稿されるもので、掲載された情報の真実性・価値を保証するものではありません。また、ブログの内容はお客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の有価証券の売買あるいは特定の証券取引の勧誘を目的としたものではありません。ブログに掲載された情報に起因するいかなる損害・損失に対しても弊社株式会社トレジスタおよびブログ投稿者は一切の責任を負いません。掲載内容のご判断は投資家ご自身の判断と自己責任でお願いいたします。