さまざまな仕掛け時期


さまざまな仕掛け時期
2020年10月11日(日) 23:25:00 トレシズ
 
仕掛け時期としまして、

0: 反発を確認せずに仕掛ける買い戦略
1: 若干の反発or上げを確認してから仕掛ける買い戦略
2: 十分な反発or上げを確認してから仕掛ける買い戦略

という3つがあったとします。

このうち「0」は、

まさに落ちてくるナイフを掴む系ですね苦笑

最もDDが大きくなりやすいのが「0」だと思いますが、

その分、当たった時は最も利幅が大きいのが「0」と言えるかもしれません。

シグナルが発生した際に、

…仕掛けるのが最も怖いのがこの「0」だと考えます汗

特に、3.11の翌日などにシグナルが出るのがこのタイプの戦略なので、

なかなか向き不向きがあるかもしれませんね。



一方「2」は、

どちらかというと順張り買いに近い形かもしれませんね〜。

1トレードあたりでは極端に大きなDDの割合は減りますが、

ボックスなどではコツコツDDが積み重なるといった動きは増えやすい傾向にあります。



私自身としましては、

この「0〜2」でとれが正しい、とは考えておらず、

実際のところはどれも使います(ぇ

ただあえて言いますと、

・ボックス相場では「0」が主体
・暴落相場でも「0」が主体

という感じで、

「0: 反発を確認せずに仕掛ける買い戦略」

を結構多用しています。

ただ、

・上昇相場では「2: 十分な反発or上げを確認してから仕掛ける買い戦略」が主体

という感じかもしれませんね〜。

といいますのも、

上昇相場では上がっている銘柄が多いため、

こういうタイプの戦略のシグナル数が最も増えるからです。



・ブログはトレジスタ・ストラテジーオンラインおよびストラテジーの販売者により任意に投稿されるもので、掲載された情報の真実性・価値を保証するものではありません。また、ブログの内容はお客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の有価証券の売買あるいは特定の証券取引の勧誘を目的としたものではありません。ブログに掲載された情報に起因するいかなる損害・損失に対しても弊社株式会社トレジスタおよびブログ投稿者は一切の責任を負いません。掲載内容のご判断は投資家ご自身の判断と自己責任でお願いいたします。