シストレにおける東証二部銘柄の扱い


シストレにおける東証二部銘柄の扱い
2020年10月12日(月) 23:23:52 トレシズ
 
東証一部や新興はイザナミに指数があるのでいいのですが、

「東証二部はどうすればいいのか?」

という疑問が沸かれる場合もあるかもしれません。

実際、

東証二部だけに資金が集中する地合も過去に何度かあり、

連想的に買われる機会は少なくない感じです。

そのため、

私自身の東証二部銘柄の位置付けは、

「東証一部、マザーズ、JASDAQとも異なる第4勢力(?)」

という感じで考えております苦笑

東証二部の場合には普通、

東証二部指数を使うのが一般的かな、

と思います。

0011東証2部指数
https://kabutan.jp/stock/chart?code=0011

ただこの手法ですと、

過去データの入手が難しいかな、

と考えます。
(※有料ならあるのかもしれませんが、ここはあまり詳しく調べていないのですが苦笑)

そのため私自身は、

「イザナミから東証二部の銘柄データを取得し、株価の平均値を計算する」

という手法を使っていたりしますね。

バックテスト側の最終日シグナルに終値を表示させ、

日々データを蓄積している感じです。

この手法は株式分割時等に若干の誤差が出たりするため、

結構適当な計算方法ではあるのですが、

これはこれで、

比較的上記東証2部指数と似たようなチャート形になりますので、

結構有用なのではないか?

と考えております。

もちろん、

万一、東証二部銘柄全体が株式分割するような事態になれば、

…計算方法を見直すことになりますが苦笑

もしかしたら、

KABU+の時価総額データを使った方が誤差が小さいのかもしれませんね。



・ブログはトレジスタ・ストラテジーオンラインおよびストラテジーの販売者により任意に投稿されるもので、掲載された情報の真実性・価値を保証するものではありません。また、ブログの内容はお客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の有価証券の売買あるいは特定の証券取引の勧誘を目的としたものではありません。ブログに掲載された情報に起因するいかなる損害・損失に対しても弊社株式会社トレジスタおよびブログ投稿者は一切の責任を負いません。掲載内容のご判断は投資家ご自身の判断と自己責任でお願いいたします。