リバウンド相場でもシグナルを出すには?


リバウンド相場でもシグナルを出すには?
2020年10月13日(火) 23:02:06 トレシズ
 
私自身の逆張り買いに対する根本的な考え方としまして、

「暴落相場で底抜け覚悟で張っていく場合には、リバウンド相場でもシグナルを出すようにしなければならない」

という点があるかもしれません。

これは要するに、

暴落相場でDDとなったものの、

リバウンド相場で取り返すことができないようであれば、

…リスク覚悟で張ったのが意味がなくなってしまうためです苦笑

これはもちろん、

暴落相場でピンポイントのリバウンドを狙う戦略は除いたお話ですね。

どちらかというと、

一般的な逆張り買い戦略のお話となります。



「リバウンド相場でもシグナルを出すようにするにはどうすればいいか?」

という観点ですと、

私の場合ですと、

「主にランキング機能を使う」

という対応を取る場合が多いかもしれませんね〜。

たとえばですが、

・移動平均乖離率(終値)(15日)が−5%より小さい

といった仕掛け条件だった場合、

−5%以下だったらシグナルにヒットするものの、

−4.9%ですとシグナルにヒットしない形です。

私自身は、

こういった「数字の決め打ち」を多用しすぎないようにしている感じかもしれません。

上記例ですと、

ランキング機能を使って

・移動平均乖離率(終値)(15日)が小さい順

といった感じにした方が日々のシグナル数は当然多くなりますし、

最低限の基準のみは条件に入れた上で、

あとは優先順上位を抽出するような組み方をしますと、

よりリバウンド相場でのシグナル数を増やせますので、

お持ちの戦略でカスタマイズを試してみるのも一案となってくるかもしれない、

と思っております。



・ブログはトレジスタ・ストラテジーオンラインおよびストラテジーの販売者により任意に投稿されるもので、掲載された情報の真実性・価値を保証するものではありません。また、ブログの内容はお客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の有価証券の売買あるいは特定の証券取引の勧誘を目的としたものではありません。ブログに掲載された情報に起因するいかなる損害・損失に対しても弊社株式会社トレジスタおよびブログ投稿者は一切の責任を負いません。掲載内容のご判断は投資家ご自身の判断と自己責任でお願いいたします。