レバレッジにつきまして


レバレッジにつきまして
2012年3月21日(水) 01:00:12 トレシズ
 
今日はシストレ初心者の方向けに、ユーザー様から時々ご質問いただくレバレッジについてを書いてみたいと思います。

ご自身の資金が100万円だった場合に、必要資金100万円の戦略を運用する場合にはレバレッジ1倍(未使用)、

ご自身の資金が100万円だった場合に、必要資金200万円の戦略を運用する場合にはレバレッジ2倍ということになります。

10万円の証拠金を預けて100万円の取引をする(レバレッジ10倍)といったFXなどに比べますと、株のレバレッジは最高でも3倍程度ですのでリスクはある程度抑えられていると思います。

レバレッジは、

ご自身の戦略の現在の運用成績がプラスではあるものの物足りない場合などに、

「リスクを多少増やしてでも利回りを上げたい場合」

に特に有用だと思っております。

シストレ戦略におきまして、レバレッジ未使用の戦略で以下のようなシグナルが出たとします。

銘柄 20万円
銘柄◆20万円
銘柄 20万円

この戦略のレバレッジを2倍にしますと、

銘柄 20万円
銘柄◆20万円
銘柄 20万円
銘柄ぁ20万円
銘柄ァ20万円
銘柄Α20万円

といった感じで、1銘柄の投資金額はそのままに、銘柄分散数を増やしていく形となります。

銘柄 40万円
銘柄◆40万円
銘柄 40万円

といった形で銘柄分散数はそのままに、1銘柄の投資金額を増やすやり方もありますが、こちらは1銘柄の値動きの影響が大きくなりすぎて荒いため、個人的には苦手ですね〜汗

これよりは、「1銘柄の投資金額はそのままに銘柄分散数を増やしていく」方が安全だと思います。

また、1銘柄の投資金額を下げた場合、レバレッジの安全度は格段にアップします。

銘柄 10万円
銘柄◆10万円
銘柄 10万円
銘柄ぁ10万円
銘柄ァ10万円
銘柄Α10万円
銘柄А10万円
銘柄─10万円


のような感じで1銘柄の投資金額を下げると、レバレッジをかけても日々の資産推移は非常に穏やかな場合が多くなります。

レバレッジというと恐いと感じられる方もいらっしゃるかもしれません。

実際向き不向きがあるためご自身に合っているかどうかで判断されるのが一番だと思いますが、

レバレッジは以下のような戦略に向いていると思っております。

・デイトレードや、1日オーバーナイトなど、短期運用の戦略(4日以内)

短期運用、特にデイトレードや1日オーバーナイトの場合、レバレッジがある程度高くても思ったよりもリスクが抑えられる場合が多くなります。短期運用ほど値動きの幅が限定されるためかもしれませんね。

・指値注文の戦略など、全ての注文が必ず約定するわけではないタイプの戦略

全ての注文が必ず約定するわけではないタイプの戦略の場合、ある程度多くの銘柄に注文を入れたほうが資金効率が高くなります。

銘柄 20万円
銘柄◆20万円
銘柄 20万円

全ての注文が必ず約定するわけではないタイプの戦略で上記のような注文を入れた際、たとえば銘柄,里澆約定したとします。この際にレバレッジをかけますと、

銘柄 20万円
銘柄◆20万円
銘柄 20万円
銘柄ぁ20万円
銘柄ァ20万円
銘柄Α20万円

のような注文となり、実際に約定するのが銘柄,般段銑イ里茲Δ粉兇犬婆鹹蠖瑤増えます。

また、全ての注文が約定するわけでもないため、全力で運用する形にもなりにくいといえますので、こういった戦略にはレバレッジが非常に向いているといえるかもしれません。

・シグナル数フィルターが使われている戦略

こちらも上記とほぼ同様です。短期運用+シグナル数フィルターを使ってピンポイントで仕掛ける戦略の場合、レバレッジのリスクはある程度抑えられると思っております。グランショート_ma1などが該当します。

・ご自身の運用で実際に利益が出ている戦略

複利運用と似たお話ですが、実際に利益が出ている戦略の場合には利益分をレバレッジにあてるというのも有用です。


以上のような感じで、レバレッジは必ずしも恐いというものではなく、使いようによっては戦略の利益率を格段にアップさせる効果がある手法と思っていますね〜。

いろいろ書いてみましたが、別にレバレッジを推奨しているわけではありませんので、あくまで参考として見ていただければ幸いです笑



・ブログはトレジスタ・ストラテジーオンラインおよびストラテジーの販売者により任意に投稿されるもので、掲載された情報の真実性・価値を保証するものではありません。また、ブログの内容はお客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の有価証券の売買あるいは特定の証券取引の勧誘を目的としたものではありません。ブログに掲載された情報に起因するいかなる損害・損失に対しても弊社株式会社トレジスタおよびブログ投稿者は一切の責任を負いません。掲載内容のご判断は投資家ご自身の判断と自己責任でお願いいたします。