個人的にはやっぱり相場情報機能が好み?


個人的にはやっぱり相場情報機能が好み?
2012年7月8日(日) 00:44:38 トレシズ
 
全然関係ないのですが、アムネジアが完結しましたね〜。

見た目的にホラーではないかと推測して見てはいたのですが、終わってみればホラー要素がほぼないほのぼの系ストーリーでした笑

今はひとまずはFate/Zeroであればまず間違いはなさそうなので、ShowTimeへのアップが待ち遠しいですね〜。

ユーザー様視点で、私の現在の進捗が見えないのではないかと思っております。

ゴッドブレス覇とゴッドフューズド以降リリースが止まっているということもあり、

ひとまずは現在の進捗を書かせていただきます。

例のデイトレ戦略や既存戦略のカスタマイズバージョンを含めまして、

現在は引き続きフォワードテストを続けております。

今回はさらに長い期間検証を続けているわけですが、

デイトレはフォワードがいいのでリリースが一番近いとは思っているのですが、

難関は既存戦略のカスタマイズバージョンのフォワードですね。

すでにある程度のレベルには達しておりまして、過去最高益を更新しておっ?と思った次の日にDD発生等、なかなか難しい部分もあります苦笑

さすがにバージョンアップである以上は納得いくレベルに到達できないとリリースはできませんため、

ひとまずは下落相場と上昇相場を含めましてある程度の手ごたえを感じる時を待ちたいですね〜。

あとは、今さらですが相関情報機能とランキング情報機能にさわっています。

個人的な好みで、相場情報機能を含めまして順位をつけますと、

(1)相場情報機能
(2)相関情報機能
(3)ランキング情報機能

という順番です(ぇ

相場情報機能はやはり、相場の流れをつかみやすい機能なので便利だと思っていますね〜。

相関情報機能はチャートの波形の一致率を見る機能ですが、これはこれで実際便利だと思います。といいますのも、一般的にブレイクアウトや押し目など、どういうロジックで組めばいいか分からない時があると思います。

そんな際に相関情報機能を使うことにより、チャートの形のみでシグナルを抽出できるというのは非常に便利だと思いますね〜。

ただ個人的には、相関情報機能を使う場合にはテクニカル指標も併用したいと思っています。これは単に好みの問題ですが、やはり波形が一致する中でも、ある程度自分の好みの仕掛け箇所に絞り込みたいためですね。

ランキング情報機能を嫌っているわけではないのですが、私の場合は上記2つの機能に比べると使う頻度は低いですね〜。これも好みの問題かもしれません笑

たとえば50万件以上のシグナルがあるような戦略のバックテストをする場合、シグナル数が多い分それに比例して時間がかかります。

こういった際にランキング情報機能を使ってランキング上位銘柄のみに絞り込みますと必然的にシグナル数が絞り込まれますので、

必ず約定するかどうかわからない注文方法(指値、寄指、逆指)などを使った戦略の場合にはバックテスト効率を上げるためにランキング情報機能を使う場合はあります。

ひとまずは個人的には相場情報機能を極めたいですね笑



・ブログはトレジスタ・ストラテジーオンラインおよびストラテジーの販売者により任意に投稿されるもので、掲載された情報の真実性・価値を保証するものではありません。また、ブログの内容はお客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の有価証券の売買あるいは特定の証券取引の勧誘を目的としたものではありません。ブログに掲載された情報に起因するいかなる損害・損失に対しても弊社株式会社トレジスタおよびブログ投稿者は一切の責任を負いません。掲載内容のご判断は投資家ご自身の判断と自己責任でお願いいたします。