よくあるご質問と回答(24)


よくあるご質問と回答(24)
2012年11月24日(土) 02:35:17 トレシズ
 
月曜日に楽しみを持ってくると活力につながるのではないかと先日書かせていただきましたが、

どうやら私の場合ですと、土日祝日に楽しみを持ってくると活力につながりそうな気がします笑

休みの日は基本的にはバックテストをしていますが、これにプラスアルファ的な要素を加えられたらいいなと思っていますね〜。

今日はよくあるご質問と回答シリーズです。

■デイトレードで、損切りを入れると有効な場合はありますか?

これは非常に難しいご質問で、私自身も上方ブレイクなどで損切りを取り入れてみたりして検証しています。

買い戦略で損切りを入れるのが最も有効なのは、今のところ仕掛け日に陽線を付けている銘柄ではないかと思っています。

たとえばですが、

2012年11月13日の2763エフティコミュニケーションの日足が分かりやすいと思うのですが、

この日私自身もこの銘柄の動きを見ていました。

この日は前日比プラスで始まった後、直近高値を更新して一時は前日比+10%ほどの陽線となっていました。

ところがその後急に大口の手仕舞いが増えて失速し、後場は暴落と、結果的には私自身が以前上方ブレイクのコムチュアで発生したような大DDになったと思われます。

日中お時間のある方限定ではありますが、

こういったある程度の大陽線となっている銘柄の場合、

当日の安値に逆指値の損切りを置くのは結構有効だと思いますね〜。

この日のエフティコミュニケーションの場合ですと、

始値近辺で手仕舞いとなるため被害は軽微です。

ただこの方法も完全ではなく、11月21日に個人的なテストで7261マツダに仕掛け、損切りをその日の途中段階での安値である122円に入れていたのですが、

後場の日経平均の急落でロスカットハンティングに遭い、安値121円を記録。

そしてそこから日経平均は回復し、マツダの終値は結局126円と上がって終わったという非常に微妙な結果になっています苦笑

こういったこともあり、私自身まだまだ検証のデータ量が足りていないためなんとも言えないところがあるのですが、

「正しいかどうかは分からないが、放置しておいても損失が一定幅に抑えられるという安心感の面ではプラスに作用する」

とは言えるのかもしれないですね〜(コラ

こちらにつきましては引き続き検証を続けさせていただきます汗

上記は陽線だった場合のお話ですが、難しいのは安く始まった銘柄の場合ですね〜。

過去の検証上では安く始まった銘柄と損切りとは相性が悪いという結論が出ておりますため、私自身はこういった銘柄には損切りは入れていませんが、

もしかしたら

・始値から−10%下がったら損切り
・ストップ安を付けたら損切り

などといった手法が有効な戦略もあるのかもしれませんね〜。

これらはイザナミで検証できそうなので、いろいろ試してみたいと思っています。



・ブログはトレジスタ・ストラテジーオンラインおよびストラテジーの販売者により任意に投稿されるもので、掲載された情報の真実性・価値を保証するものではありません。また、ブログの内容はお客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の有価証券の売買あるいは特定の証券取引の勧誘を目的としたものではありません。ブログに掲載された情報に起因するいかなる損害・損失に対しても弊社株式会社トレジスタおよびブログ投稿者は一切の責任を負いません。掲載内容のご判断は投資家ご自身の判断と自己責任でお願いいたします。