よくあるご質問と回答(31)


よくあるご質問と回答(31)
2013年5月13日(月) 21:21:28 トレシズ
 
今日はよくあるご質問と回答シリーズで、

「大幅なDDとなった銘柄を、自分の納得のいったタイミングで手仕舞うのはありなのか?」

について書かせていただきたいと思います。

たとえばシステムトレードを行っておりますと、

地合がいいのにも関わらず、時々予期せぬようなDDとなる銘柄があったりします汗

トレード日記側でもちょうどいい例がありまして、

ここ最近では7239タチエスで結構なDDがありました苦笑

http://toresyz.blog.fc2.com/img/20130513160613372.jpg/

東証一部銘柄でわずか2日で2030円→1629円というのは結構な値動きだとは思いますね〜。

こういった際に私自身はどう感じているかといいますと、

…実は本当に何も考えていません(ぇ

といいますのも、もちろん今の時期は決算等もありますし、

一銘柄単位で確実な利益を求めるのは酷です。

またこれは、運用戦略が多すぎるため1銘柄に集中している暇がないという理由もありますが苦笑

決算が良ければ御の字ですが、それは誰にも分かる要素ではありませんため、

個人的な考えではやはり

「一銘柄単位ではなく、あくまでトータルでプラスを目指す」

というのがシステムトレードの根本だとは考えています笑

これはもちろん勝率も同じでして、

極論ですと勝率は正直1%でもいいです。

ただ、勝率1%でも、

「連敗中に運用継続が困難になるほどのDDにならず、かつその1%で損失を上回る利益が出せればいい」

という、完全に期待値重視の考え方ではありますね苦笑

また、個人的には実際運用戦略が多かったり、またザラ場中に自動売買ツールの開発などを行っておりますため、

1銘柄の値動きなどはあまり見ていないというのが実情だったりします(コラ

株の世界では、「銘柄に惚れるな」という格言もあったりします。

実際システムトレードですと、

今まで売買したことがないような銘柄にシグナルが頻発するような事例も実際多かったりしますよね苦笑

そのため、連勝が続いた銘柄であっても、連敗が続いた銘柄であっても、

個人的にはあまり思い入れはなかったりするのが実情ですね〜。

…ただ、バイオ・不動産・情報通信は好きという矛盾もあったりしますが(コラ

ただ、たとえ思い入れがあったとしても、シストレのシグナルには従うというのが私のスタイルです。

銘柄の好みがあったとしても、シグナルに従った上でチャートを眺めるのが趣味といった部分もあったりしますが笑

それはさておき、予期せぬDDとなった銘柄があったとしまして、

「今は地合がいいから、シグナルは無視して反発を狙ってキープしよう」

という考え方もあると思います。

これは私自身は絶対やらないことですが、ただそれが絶対正しいとはいえないとは思っていますね〜。

個人的な考えですと、

こういった裁量を取り入れる手法は

「自己裁量の上手さ」

に比例すると思っています(ぇ

いつも書かせていただいておりますが、

私の場合は本当に自己裁量が下手なので苦笑、

誇張を抜きにして実際システムトレードのシグナルの方が遥かに上手いというのは事実です笑

ただ、自己裁量でもある程度の技量を持ち、

その上でシストレでさらなる収益を目指したいといった感じの方ですと、

上記のような裁量が功を奏す場合もあるのではないでしょうか。

これは要するに、

A. 自己裁量がダメだからシストレを始めたのかどうか?
B. それとも、自己裁量+αを求めているのかどうか?

のどちらに属するか?というお話になるとはいえるのかもしれませんね〜。

…残念なことに私は間違いなくAです笑

とはいえ、Bに属する方ももちろんいらっしゃると思いますので、

これは過去のご自身の実績から判断されるのが無難なのではないか?

という考えが強かったりしますね〜。

ただいずれの場合にしても、

私の場合ですとやはり一銘柄の値動きはどうでもよく、

また大きな損失が出た銘柄だったとしても、上場廃止などでなければ次の日シグナルが出れば何も考えずに仕掛けます。

思い入れという要素はもちろん相場を楽しむという意味ではあってはいいと思いますが、

ただそれがご自身の行動に影響を与える要素であってはいけない、というのが持論ですね〜。

上記はあくまで私の個人的な考えという点だけご了承いただければと思います汗



・ブログはトレジスタ・ストラテジーオンラインおよびストラテジーの販売者により任意に投稿されるもので、掲載された情報の真実性・価値を保証するものではありません。また、ブログの内容はお客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の有価証券の売買あるいは特定の証券取引の勧誘を目的としたものではありません。ブログに掲載された情報に起因するいかなる損害・損失に対しても弊社株式会社トレジスタおよびブログ投稿者は一切の責任を負いません。掲載内容のご判断は投資家ご自身の判断と自己責任でお願いいたします。