よくあるご質問と回答(32)


よくあるご質問と回答(32)
2013年5月29日(水) 22:28:26 トレシズ
 
個人的な経験上でも、ここ最近は激しい動きが続いている印象ですね汗

トレード日記側でも見事にマイナス収支ではありますが、

高値15942円→14326円と日経平均はほぼ−10%下がっておりますので、

DDが10%未満であれば十分健闘している部類ではないかと考えていたりします苦笑

トレード日記側でも、分足シストレを除けばまったくプラスではないですが、

ただ過去最高益からのDDは−4%程度ですので、

この差分の6%分がシストレの能力として考えていたりします笑

■今はブレイクアウト系買い戦略は停止するべきなのでしょうか?

これはもちろん私から方針を申し上げることはできないですが、

ただご参考までにですが、私の場合ですと停止しません(ぇ

といいますのも、実際ゴッドブレス2やヒノカグなどでも約定が自動的に減っており、

別にシグナルが出ても約定率が減っているため、相場が下落しても個人的なポートフォリオ上で大きな被害が出ていないためですね〜。

といいますのも、逆指値のラインが今はだいぶ上に遠ざかっているため、

相場が戻らない限りはその位置がイスカンダル並(?)に遠いので、結構安心して見ていられるという理由もあります苦笑

ただ、約定しないにしろその分の余力を食うことは明らかですので、

このあたりはユーザー様のお好みによるところかもしれない、とは考えております。

個人的な考えですと、

一度ポートフォリオから外しますと、復活させるタイミングが非常に難しくなります苦笑

そのため、私の場合ですと何も考えずに継続しております(ぇ

とはいえ、このあたりは個人差があるとは思いますので、

ユーザー様ご自身に合った手法を選ばれるのが無難ではないでしょうか?

■今のDD中が結構きついです。

これも私自身非常によく分かるお話です苦笑

これは私自身シストレ開始以降ずっと通ってきた道でして、

特に2008年は今の10倍は厳しい相場でした汗

シストレは本当に、はためから見ると一見簡単そうに見えるのですが、

「シグナルに従う」

という点が想像以上に難しいものだと思っております。

たとえば私自身がこの点をどう克服したのかといいますと、

シストレ開始初期に、シストレ口座と裁量口座を分け、

ある程度の期間に渡ってシストレVS裁量といったことを続けておりました苦笑

結果は、

…シストレの圧勝でした苦笑

これはあくまで私の場合のお話なのですが、

私の場合ですとこれが現実です苦笑

そのため、もし裁量に自信のある方の場合ですと、一度上記のような実験をされると面白いのかもしれませんね〜。

実際、裁量が勝つ方もいらっしゃると思っています。

そういう方の場合ですと、シストレの使い方を裁量の補助的なものにするような手法にすることも考えられますし、

使い道はいろいろあるのでは?とも思ったりしますね〜。

一点大事なのは、個人的な経験上、

裁量口座とシストレ口座は分けたほうがいいです笑

これは成績を見比べるという意味でも重要ですが、

一緒の口座でたとえば裁量で負けてしまいますと、

裁量はおろかシストレの方でも自信をなくしてしまう場合があるためですね〜。
(これは実体験にもとづくお話ですが苦笑)

別口座は、個人的には結構メリットが大きいと考えます。

本題のDDに戻りますと、

個人的には今のDDは想定範囲内です。

といいますのも、

トレード日記側のポートフォリオが上昇トレンド向けの買い主体の構成だったため、

上昇トレンド末期にDDが発生するだろうという推測をもとに運用していたわけですね苦笑

トレード日記にもいつか書かせていただきましたが、

「DDが50万ぐらいで済めばいいな」

という感じでした汗

そのため、先日の急落前までの収支の一部は結構DD用として考えておりまして、

100万ほどは利益としては考えてはいなかった感じでした。

これは単に考え方の問題ではあるのですが、

個人的に、(裁定取引を除けば)DDが発生しないシステムなどは存在しないとは思っておりますので、

こういった利益発生時期の利益のうち一定の%を利益とは思わないようにする考え方ですと、

DD発生時期の精神的な負担が緩和されるのでは?

という風に考えていたりします苦笑



・ブログはトレジスタ・ストラテジーオンラインおよびストラテジーの販売者により任意に投稿されるもので、掲載された情報の真実性・価値を保証するものではありません。また、ブログの内容はお客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の有価証券の売買あるいは特定の証券取引の勧誘を目的としたものではありません。ブログに掲載された情報に起因するいかなる損害・損失に対しても弊社株式会社トレジスタおよびブログ投稿者は一切の責任を負いません。掲載内容のご判断は投資家ご自身の判断と自己責任でお願いいたします。