KABU+toイザナミ加工ツール

 

KABU+の登録・準備

「KABU+」をご利用いただく場合には、以下の手順となります。
KABU+に関するお問い合わせは合同会社ZEROBYTE( KABU+問い合わせ窓口 ※画面右下)まで直接お問い合わせいただきますようお願い申し上げます。

(1)まずはKABU+の会員制サービス会員登録ページより、会員登録を行って下さい。
※StandardプランまたはProプランでないとトレジスタ・ストラテジーオンラインのKABU+対応ストラテジーをご利用いただけませんのでご注意ください。
(2)トレジスタ・ストラテジーオンラインのKABU+対応ストラテジーをご利用いただくにあたって、「共有フォルダ接続ツール・一括同期ツール」が必須となります。
KABU+への会員登録完了後、会員制サービス 各種手続き・マニュアル・ツール類(※要ログイン)にアクセスの上、「Windows環境用 共有フォルダ接続ツール・一括同期ツール」をクリックしてダウンロードしてください。


zipファイルがダウンロードされます。 会員制サービス 各種手続き・マニュアル・ツール類(※要ログイン)の「共有フォルダ 接続手順」「共有フォルダ一括同期ツール 実行手順」を参照して設定を行って下さい。
※手順につきましては、イザナミ公式サイトもご参考にいただけます。
※共有フォルダ一括同期ツールは、デスクトップ等分かりやすい場所に保存しておくのがおすすめです。(デスクトップに「KABU+共有フォルダ一括同期ツール」といったフォルダを作成し、中に「mount_CSVEX-WebDAV.vbs」「sync_CSVEX-WebDAV.vbs」とフォルダ「robocopy」を保存)
※同期先フォルダは、「CSVEX-Local」(※標準)という名前にしてください。
※同期には、初回は時間がかかります。二回目以降は差分更新のため短縮されます。
※KABU+の共有フォルダの同期ができるようになりましたら、次の手順「(1)ログイン」にお進みください。

KABU+に関するお問い合わせは合同会社ZEROBYTE( KABU+問い合わせ窓口 ※画面右下)まで直接お問い合わせいただきますようお願い申し上げます。

(3)同期は以下のような流れとなります。
まず、デスクトップの「KABU+共有フォルダ一括同期ツール」フォルダをダブルクリックします。
(4)「KABU+共有フォルダ一括同期ツール」内は左のような構成です。
まず、「mount_CSVEX-WebDAV.vbs」をダブルクリックしてマウントします。
(5)マウントに成功した場合には左のように表示されます。
(6)マウントが完了しましたら、次に「sync_CSVEX-WebDAV.vbs」をダブルクリックして同期します。
(7)正常に同期処理開始できた場合、左のように「コマンドプロンプト画面」が表示されます。
(8)同期処理完了時には左のように表示されます。
(9)念のため、「ドキュメント」を開き、「CSVEX-Local」フォルダが表示されているかどうかをご確認ください。
表示されればOKです。(C:\Users\ユーザー名\Documents\CSVEX-Local)
(7)「CSVEX-Local」フォルダをダブルクリックして開くと、左のようになります。
このように表示されていれば正常な動作となります。