ヒノカグ【リフレクト】


トップ * 商品内容・料金 * クチコミ * Q&A * フォーラム * ブログ * トレード日記
*

ヒノカグシステムの中でチャート中間地点の順張り+逆張りの役割を担う、特にブレイクアウト銘柄が少ない時期や、下落トレンドへの対策が重視されたストラテジー!デイトレード・スイングトレード両対応のため、ユーザー様でお好みのファイルを選ぶことが可能です。
2000年01月から150万円で運用開始した場合、2,135万円(+1,985万円)になりました。平均年利は76.4%、勝率(月単位)は74.5%です。
※上記はあくまでバックテスト結果であり、今後も同じパフォーマンスになることを保証するものではないことをあらかじめご了承ください。

有限会社ツクヨミ(イザナミ開発元)に売買ルール内容をご確認いただき、「良質な売買ルール」 として公認されたルールなので、安心してご利用いただくことができます。
※「売り戦略」や「時価総額上位500銘柄限定」などの戦略はイザナミ公認条件外のためロゴマークがついておりませんが、当サイトでは、当サイト事務局による厳正な審査を通過した売買ルールのみ販売しておりますのでご安心ください。

日経平均 ダウ工業平均 USDJPY

運用開始資金:150万円 単利運用の場合

項目 ストラテジー登録前 ストラテジー登録後
(2013年07月20日以降)
トータル
検証期間 2000/01/01 〜 2013/07/20 2013/07/20 〜 2017/04/30 2000/01/01 〜 2017/04/30
検証年月 13年6ヶ月 1381日 17年5ヶ月
トレード回数 4022 1407 5429
勝率(月毎) 82.1% 43.5% 74.5%
勝数・勝率(トレード毎) 2290 / 56.9% 613 / 43.6% 2903 / 53.5%
トレード平均期間 1.77日 1.83日 1.78日
最大ドローダウン%
(運用資金全体から算出)
5.8% 5.3% 5.8%
プロフィットファクター 2.108 1.004 1.698
シャープレシオ(円) 0.247 0.001 0.179
シャープレシオ(%) 0.254 -0.006 0.184
ペイオフレシオ 1.594 1.3 1.477
1トレードあたりの期待値 4,926円 / 1.6% 28円 / 0% 3,656円 / 1.2%
平均年利 97.5% 0.4% 76.4%
スタイル 買い
トレード期間 デイトレード/スイングトレード
○張り 順張り
※定義方法につきましては戦略タイプの定義方法をご確認ください。 > ストラテジータイプ一覧はこちら
俗名 安値〜中間圏ブレイクアウト
狙い位置 中間圏/安値圏
相場判定 上げ相場
スリッページの有無 あり
外部指標利用 -
備考 仕掛け:前日検証可
手仕舞い:前日検証可(※デイのみ当日15:00近辺に時間が必要)
必要資金量と売買ルールの
販売価格の比率
4.5%
1銘柄平均投入額/分散数 304,700円/7.4銘柄分散
レバレッジ 1.50倍

※ストラテジー登録後の成績は、登録直後のストラテジーの場合直近の相場状況の影響を強く受けるため性能とかけ離れた数値になる場合があります。
※シャープレシオ(円)はトレード毎損益の円単位での安定度、シャープレシオ(%)はトレード毎損益の%単位での安定度を示す指標で、数値が大きいほど過去のトレード毎損益のばらつきが小さく、安定度が高いことになります。
※必要資金量と売買ルールの販売価格の比率は「販売価格÷標準ファイルの必要資金量×100」の値で、%が小さいほど資金量に対してコストが抑えられたストラテジーと考えられます。
> 必要資金量と売買ルールの販売価格の比率の目安


ヒノカグ【リフレクト】についての説明

========================================================
★過去のゴッドフリート2ご購入者様はさらに割引&複数売買ルール無料プレゼント!
--------------------------------------------------------
過去にゴッドフリート2をご購入いただいた方には、ヒノカグ【リフレクト】を5,000円割引させていただき、定価67,800円から5,000円OFFの62,800円でご提供させていただきます!
ヒノカグ【リフレクト】を買い物カゴに入れた後ログインすると自動的に割引が適用されるため簡単です。
また、ゴッドフリート2とヒノカグ【リフレクト】の両戦略ご購入者様には、ゴッドフリート2とヒノカグ【リフレクト】で同一銘柄へのシグナルを避けることができる複数売買ルールも無料プレゼント!
========================================================
★通算10,000%強の複利ファイルも同梱!
--------------------------------------------------------
当戦略内に、過去の検証上2000年以降+1.5億オーバーの+10,000%となる複利ファイルも同梱させていただきます。(あくまで過去の検証結果である点をご了承ください。)
カスタマイズの参考としてもご利用いただけます。
========================================================

ヒノカグ【リフレクト】は、ヒノカグシステムの中でもブレイクアウトを狙うヒノカグ【上方ブレイク】、下落からの反転を狙うヒノカグ【ボラティリティ】やヒノカグ【上方カウンター】の中間に位置する、「順張り+逆張り」という役割を担う戦略です。

2013年7月のような日経平均がブレイクアウトせず、また大幅な押し目もなく、という中途半端な動きを見せる地合では、順張りも逆張りも約定数が減ってしまい、やや効率が悪いという感が否めませんでした。

こういった相場対策としまして、
「チャート底値圏にある銘柄が反騰した際に仕掛けるような、リバウンド狙いの逆張り+順張り系戦略が求められる」
といった考えにもとづき生まれたのがヒノカグ【リフレクト】です。
逆張り要素が強い戦略だとは思っておりますが、
ただ個別銘柄の上げを確認してから仕掛けるというニュアンスになっておりますため、こういった点から順張り要素も含んでいると考えております。

最大の特徴としては、
「強い相場と弱い相場で投入額と保有日数を変える」
という仕組みを導入している点です。

たとえば2007 年〜2008 年のような下落トレンドでは、一方的に下落するような相場でしたため買いにとっては非常に厳しいものがありました。こういった下落トレンドでは買いのロットを落とした方が結果的にパフォーマンスが良くなることも少なくありません。
そのため、下落トレンドにおきましてはなるべく
・投入額そのものを落とす
・シグナル数を減らす
という仕組みを導入しております。

一方2013年のような上昇トレンドでは、買いはできるだけ緩い条件でなるべくシグナルを多く出した方がパフォーマンスが良くなりやすい傾向にあります。また、どちらかといいますとデイトレードよりもスイングトレードの方が地合の利点を生かせる傾向にあると思っています。
そのため、上昇トレンドにおきましてはなるべく
・投入額そのものを増やす
・シグナル数を増やす
という仕組みを導入しております。

なお、上記切り替えは戦略側で自動的に行われますため、ユーザー様側で特別な作業は必要ありませんので、簡単にご利用いただけるのではないかと思っております。

■ヒノカグシステムとの相性を最大限に考慮した戦略

ヒノカグ【リフレクト】は、ヒノカグシステムとの相性を最大限に考慮した戦略です。

ブレイクアウト系順張り買いのヒノカグ【上方ブレイク】、
逆張り買いのヒノカグ【ボラティリティ】やヒノカグ【上方カウンター】がヒノカグの買い戦略となりますが、

相場が押し目なしに順調に上げるような相場では逆張り買いの約定が減ってしまうため、ヒノカグ【上方ブレイク】のみに依存する形となってしまいます。

このため、ヒノカグ【上方ブレイク】よりもチャートの下の方にいる銘柄を狙うような、逆張り銘柄の上げを確認してから仕掛けるタイプの戦略があると上昇トレンドにおける効率を上げることができるのではないか?と考えまして生まれたのがヒノカグ【リフレクト】です。

ヒノカグシステムの中では、順張り買いのヒノカグ【上方ブレイク】と逆張り買いのヒノカグ【ボラティリティ】の中間的な戦略になっています。

■地合によりロットや保有日数を変える仕組みを搭載

順張り買いは上昇トレンドに強く、下落トレンドに弱い傾向があり、
上昇トレンドと下落トレンドで同じ仕掛け方をするのは必ずしも有効ではない、と考えております。

また、上昇トレンドでは買いスイングが強くなりますが、一方相場が下がる下落トレンドでは、過去の経験上スイングよりもデイの方が安定しやすい傾向にあると思っております。

こういった考え方から、当戦略では相場情報を利用し、
「上昇トレンドに近い相場ではシグナル数を増やした上でロットを上げ、保有日数も長くする」
「下落トレンドに近い相場ではシグナル数を減らした上でロットを下げ、保有日数も短くする」
といった仕組みを導入しています。
(※注:上記は標準ファイルの仕組みで、これとは別に保有日数が一定のスイングトレードVer、デイトレードVerも同梱させていただいております。)

なお、上記切り替えは戦略側で自動的に行われますので、ユーザー様側で特別な作業は必要ありません。

■信用余力無限回復の影響を考慮し、2013年前半の成績を特に重視

今年2013年は「信用余力無限回復」が導入されたことにより相場状況が変わったとも言われますが、実際の影響につきましては検証のしようがないため掴みにくい部分が多い要素だと思います。

「ただ、もし相場状況が多少変わったのであれば、特に2013年前半の成績が重要なのではないだろうか?」

という考えをもとに、ヒノカグ【リフレクト】では過去のバックテスト結果はもちろんですが、特に2013年前半の成績を重視して開発しました。

■シグナル数が非常に多い部類の戦略で、トレード回数とシャープレシオのバランスが高水準

過去の検証上、ヒノカグ【リフレクト】では取引回数が4000回ほどあり、その上でシャープレシオ(過去のトレード毎損益の安定度を表す指数)が0.242と、トレシズ戦略の中でも高水準な成績になっていると思っています。

特に上昇トレンドにおける日々のシグナル数は非常に多い部類で、個人的なトレード日記側の実運用上でも、ヒノカグ【リフレクト】のシグナルが出ない日が今のところないほどです。

■通常相場用ロジックでは、スリッページ負荷を0.5%近くに設定

ヒノカグ【リフレクト】では、以下のスリッページ負荷をかけています。

<標準ファイル>
通常相場用ロジック(スイング・レバレッジ2倍):スリッページ負荷0.5%・総取引回数15613回
弱相場用ロジック(デイ・レバレッジ1倍):スリッページ負荷0.3%・総取引回数2505回
→総合的なスリッページ負荷:0.47%

<スイングトレードVer>
通常相場用ロジック(スイング・レバレッジ2倍):スリッページ負荷0.5%
弱相場用ロジック(スイング・レバレッジ1倍):スリッページ負荷0.5%
→総合的なスリッページ負荷:0.5%

<デイトレードVer>
通常相場用ロジック(デイ・レバレッジ2倍):スリッページ負荷0.3%
弱相場用ロジック(デイ・レバレッジ1倍):スリッページ負荷0.3%
→総合的なスリッページ負荷:0.3%

上昇トレンド向けの通常相場用ロジックの方が圧倒的にシグナル数が多い点、
また下落トレンドでは上昇トレンドほどは買いのスリッページが大きくないのではないかと考えまして、上記のようなバランスに設定させていただいております。

また、特に標準ファイルやスイングトレードVerではスリッページを従来よりも大きめに設定させていただいており、その上で過去の検証上結構高い能力になっているのではないかと思っております。
掲載成績も、上記スリッページ負荷をかけた上での成績です。

通常相場用ロジックのレバレッジは2倍ですが、あくまで個人的な検証上ではありますが約定率は15〜40%の範囲の場合が多いようですので、資金150万円を超えることは今のところ少ないようです。これはあくまで過去の検証上でのお話とお考えいただければと思いますが、上記のような点から成行戦略のレバレッジとは意味が違うのではないか?と考えております。
なお、各バージョンにおきまして、レバレッジ未使用(1倍)ファイルも同梱されておりますため、レバレッジを避けたい方はこちらのファイルをご利用いただけます。

■シンプルな条件により、過剰最適化の可能性を抑制

ストラテジーはやはりシンプルでほどほどな仕掛け条件数のロジックの方が過剰最適化に該当しづらいと言われます。

ヒノカグ【リフレクト】では

・通常相場用ロジック: 仕掛け条件2条件
・弱相場用ロジック: 仕掛け条件2条件

と、可能な限り条件数を少なくしてあります。

シンプルな内容になっていると思いますので、カスタマイズもしやすい部類の戦略ではないかと考えております。

■いくつかのバージョンを同梱

標準ファイルの他に、スイングトレードVer、デイトレードVer、シグナル銘柄の売買代金を引き上げた売買代金大きめVer、通算10,000%オーバーの複利ファイルも同梱しています。
日中忙しい方には特に、当日の作業が必要ないスイングトレードVerがおすすめです。

ただ、どのバージョンの成績が最も良くなるかは分かりませんため、各種ファイルを検証いただき、ご自身に最も合ったファイルをお選びいただくのがベストだと思っています。

【標準ファイル】
直近の成績やバランスを重視した最も標準的なファイルで、トレジスタ・ストラテジーオンラインにおける掲載成績はこのファイル使用時のものとなります。デイトレードとスイングトレードの両方を取り入れた戦略で、私自身もこのタイプを使っております。
なお、日々デイとスイングが頻繁に切り替わるというわけではなく、切り替わるタイミングはトレンドが微妙な場合をのぞいては比較的緩やかな周期ですので、慣れると結構簡単だとは思っております。

【スイングトレードVer】
標準ファイルとは違って、全てのシグナルがスイングトレードになるバージョンで、過去の通算利益率等が最も大きくなるファイルです。当日ザラ場中の作業がないファイルなので、特に忙しい方におすすめのバージョンです。

【デイトレードVer】
標準ファイルとは違って、全てのシグナルがデイトレードになるバージョンです。おそらくは、地合の影響を最も受けにくいファイルではないか?と推測しておりまして、また保有日数が1日と短いため、サブ的な戦略としてもご利用いただけるバージョンだと思います。

【売買代金大きめVer】
標準ファイルのシグナル銘柄の売買代金を引き上げたバージョンで、おそらく標準ファイルよりもスリッページが抑えられるのでは?と推測しています。そのため、スリッページが気になる方向けのカスタマイズ方法のご参考としても活用いただけると思います。

【複利ファイル】
ヒノカグ【リフレクト】の複利バージョンです。
カスタマイズのご参考にもお役立てください。

■シグナル発生バランスが抜群!

過去の検証上ヒノカグ【リフレクト】は日々40銘柄近くのシグナルが発生しており、ヒノカグシステム内ではシグナル数が多い部類です。
特に上昇トレンドでシグナル発生数を多くすることを目標とし、資金効率をなるべく向上したいという狙いがあります。

一方、2008年のような異常な下落トレンドの場合ですとシグナルが多すぎるとドローダウンが大きくなる懸念があるため、こういった相場ではなるべくロット・シグナル数を少なくすることを目標としています。

※シグナルが全て約定するタイプのロジックではない点をあらかじめご了承ください。

■ゴッドフリート2とヒノカグ【リフレクト】両方ご購入いただいた方には、同一銘柄シグナルを避けることが可能な複数売買ルール無料プレゼント!

ヒノカグ【リフレクト】はトレシズ戦略の中でも過去のシグナル数が多い戦略ですが、
どの戦略とシグナル銘柄が最も近いか?といいますと、おそらくゴッドフリート2だと思っております。

ただ、複数売買ルールを使いますとゴッドフリート2とヒノカグ【リフレクト】とで同一銘柄シグナルを避けることができますため、両戦略のご購入者様には複数売買ルールを無料でプレゼントさせていただきます。

なお、ゴッドフリート2とヒノカグ【リフレクト】の両方をご購入いただいた方は、会員ページのダウンロード画面から複数売買ルールをダウンロードできますので簡単です。特別な申請などは必要ありません。

■資金50万円から運用可能!幅広い最適分散投資ファイルをご用意

ヒノカグ【リフレクト】は「50万円からのシステムトレード運用」が可能です。

また、50万円〜500万円という幅広い運用資金に合わせた最適分散投資ファイルを付録として同梱しているため、カスタマイズの参考にもなると思います。

------------------------------------------------------
□ヒノカグ【リフレクト】(通常相場用ロジック)の全シグナル概要レポート(2000年1月〜2013年7月19日)
------------------------------------------------------
総取引回数 15,613回
平均保有期間 2.00日
トレード毎の勝率 54.77%
トレード毎の期待値 1.08%
------------------------------------------------------
□ヒノカグ【リフレクト】(弱相場用ロジック)の全シグナル概要レポート(2000年1月〜2013年7月19日)
------------------------------------------------------
総取引回数 2,505回
平均保有期間 1.00日
トレード毎の勝率 53.61%
トレード毎の期待値 0.67%
------------------------------------------------------
※これは最適分散投資を行う前のデータであり、あくまでヒノカグ【リフレクト】のポテンシャルとして見てください。


<特徴>
・ヒノカグシステムとの相性を最大限に考慮した戦略で、ヒノカグシステムの中では順張りと逆張りの中間に位置するタイプの戦略
・上昇トレンドではなるべくシグナル数やロットを増やし、下落トレンドではなるべくシグナル数やロットを減らす仕組みを搭載
・デイ、スイング、デイ&スイングをお好みによって選択可能
・売買代金大きめバージョンや、複利ファイルも同梱
・従来のトレシズ戦略よりもスリッページ負荷を高めに設定
・50万円から運用可能で、1銘柄あたりの投資金額に制限を設けているため将来的に資金が増えても利用することが可能
・2000年から、年ベースで勝率100%(往復売買手数料1,000円の負荷をかけても同様で、その場合でも通算利益率1050%以上)
・東証一部/二部の売買が47%、新興市場の売買が53%近辺


<初期設定>
・元手資金は150万円
・単利運用、レバレッジ1.5倍(通常相場用ロジック:レバレッジ2倍、弱相場用ロジック:レバレッジ1倍)(実運用資金は通常相場用ロジック:300万円、弱相場用ロジック:150万円※レバレッジ1倍ファイルも同梱)
・STOP高/STOP安で売買不可能な場合も考慮されています。
・運用時における整理ポスト銘柄(上場廃止銘柄)の買いシグナルは無視いただくことを推奨いたしております。
・売買手数料(1往復1,000円)を含めて検証しており、売買手数料を含めた場合でも高いパフォーマンスを誇ります。ただし、トレジスタ・ストラテジーオンラインでの表示は売買手数料を含めていない計算となりますので、ご利用の際にはお使いの証券会社に合わせて検証してみてください。


<投資対象>
・全市場全銘柄(売買代金がある程度大きい銘柄限定、極端な低位株は売買対象外)


<注意点>
・ロジックの特性上、銘柄によってはスリッページが発生する場合・またはイザナミの約定履歴と銘柄または損益の誤差が生じる場合があります。(たとえば、通常推移していた銘柄に突然材料が出て大口の買いが入り、寄らずにストップ高で終わった場合等です。)個人的な実運用上では今のところ極端な差は発生していませんが、元々のロジック内容の特性により上記のような差が生じるストラテジーである点をあらかじめご留意の上ご利用いただきますようお願いいたします。
・期待値が高い戦略のため売買手数料には極端にこだわる必要はありませんが、売買手数料が安い証券会社をご利用いただくことにより、より一層パフォーマンスが向上します。

◎売買手数料の安いおすすめ証券会社:

GMOクリック証券 (信用取引・1約定ごとプラン)
約定代金にかかわらず一律100円
(往復で200円と考えると、往復売買代金平均66万円の0.03%)

※上記はあくまで参考値ですので、実際の運用の際にはご自身での確認をおすすめいたします。
※シストレ駆け出しの頃にはまる罠(16)「シストレは売買手数料優先!証券会社はこう選ぶ」も是非ご覧になってみてくださいね。(http://www.torezista.com/blogdetail/285/


<同梱ファイル>
以下のファイルがzipファイルに同梱されています。

・ヒノカグ【リフレクト】.str(イザナミ用バックテストファイル)
・ヒノカグ【リフレクト】_スイングトレードVer.str(イザナミ用バックテストファイル)
・ヒノカグ【リフレクト】_デイトレードVer.str(イザナミ用バックテストファイル)
・ヒノカグ【リフレクト】_売買代金大きめVer.str(イザナミ用バックテストファイル)
・ヒノカグ【リフレクト】.opt(イザナミ用最適分散投資ファイル:資金150万円用・レバレッジ1.5倍※標準)
・ヒノカグ【リフレクト】_50万.opt(イザナミ用最適分散投資ファイル:資金50万円用・レバレッジ1.5倍)
・ヒノカグ【リフレクト】_100万.opt(イザナミ用最適分散投資ファイル:資金100万円用・レバレッジ1.5倍)
・ヒノカグ【リフレクト】_200万.opt(イザナミ用最適分散投資ファイル:資金200万円用・レバレッジ1.5倍)
・ヒノカグ【リフレクト】_300万.opt(イザナミ用最適分散投資ファイル:資金300万円用・レバレッジ1.5倍)
・ヒノカグ【リフレクト】_500万.opt(イザナミ用最適分散投資ファイル:資金500万円用・レバレッジ1.5倍)
・ヒノカグ【リフレクト】_レバレッジなし.opt(イザナミ用最適分散投資ファイル:資金150万円用・レバレッジ1倍)
・ヒノカグ【リフレクト】_50万_レバレッジなし.opt(イザナミ用最適分散投資ファイル:資金50万円用・レバレッジ1倍)
・ヒノカグ【リフレクト】_100万_レバレッジなし.opt(イザナミ用最適分散投資ファイル:資金100万円用・レバレッジ1倍)
・ヒノカグ【リフレクト】_200万_レバレッジなし.opt(イザナミ用最適分散投資ファイル:資金200万円用・レバレッジ1倍)
・ヒノカグ【リフレクト】_300万_レバレッジなし.opt(イザナミ用最適分散投資ファイル:資金300万円用・レバレッジ1倍)
・ヒノカグ【リフレクト】_500万_レバレッジなし.opt(イザナミ用最適分散投資ファイル:資金500万円用・レバレッジ1倍)
・ヒノカグ【リフレクト】_複利.opt(イザナミ用最適分散投資ファイル:資金150万円用・レバレッジ1倍・複利)
・ヒノカグ【リフレクト】_トライアル版.opt(イザナミ用最適分散投資ファイル:資金500万円用・レバレッジ1倍・イザナミトライアル版用)
・ヒノカグ【リフレクト】説明書.pdf(利用規約・取扱い方法・ロジック内容について記載)

イザナミの設定ファイルをそのままzipファイルにまとめていますので、ご自身でご自由にカスタマイズすることが可能です。


<検証方法>
ヒノカグ【リフレクト】のバックテスト方法・ロジック内容や意図などにつきましては、同梱のヒノカグ【リフレクト】説明書.pdfに詳細に記載してありますので、こちらをご参考にいただけます。

========================================================
※本商品はトレジスタ・ストラテジーオンライン、およびトレシズが著作権を有する著作物です。
本商品の内容の一般公開並びに交換・譲渡・転売その他著作権法に反する行為を固く禁じます。
上記にご同意いただける方のみご購入可能です。
========================================================

当ストラテジーではスリッページが発生します。この点をご留意の上ご購入くださいますようお願いいたします。
当サイトにおける掲載成績は実運用時の結果ではなく、あくまでイザナミの検証結果を掲載させていただいております。
スリッページの有無や検証結果と現実の結果の差異等の理由によるご返金・交換等には応じられませんので、あらかじめご了承の上ご利用いただきますようお願い申し上げます。
> スリッページが発生するストラテジーについてのご注意点
> スリッページ対策方法はありますか?

当戦略はイザナミ無料トライアル版でもご利用可能です。
イザナミ無期限ライセンスを購入する前に動きを試したいという場合には、トライアル版ですとストラテジー費用以外は無料でお気軽に一定期間お試しいただくことができます。
※トライアル版の場合、ご利用いただける最適分散投資ファイルは総資金500万円・市場投入額75%・レバレッジ1倍の条件に限定されますのであらかじめご了承ください。

ヒノカグ【リフレクト】の説明画像











※画像はストラテジー登録日である2013年07月20日(またはイザナミ2対応時のいずれか日付が新しい方)時点での検証結果ですのであらかじめご了承ください。
株式分割や単元変更、その他株式市場の仕様変更によるイザナミの株価データベースの変更等により、掲載されている画像と、最新のバックテスト結果が異なってくる場合があります。この現象はストラテジーに起因するものではなく、あくまで株価データベースが変更された要因によるものとなります。上記要因等に起因するバックテスト結果の差異の理由による保証・返品・返金・交換等は行っておりませんので、あらかじめ十分にご確認の上ご購入いただきますよう何卒宜しくお願い申し上げます。Q&Aもあわせてご確認ください。>株式分割や単元変更時の検証結果の変化につきまして

ヒノカグ【リフレクト】のご購入はこちらから

※このストラテジーのご利用には、以下のソフトウェアのいずれかが必要です。
*


過去のゴッドフリート2のご購入者様は67,800円→62,800円の5,000円割引!
ヒノカグ【リフレクト】(ストラテジー公開型)を 67,800円(税込) で購入することができます。

・投資はお客様の保有資産に損失を与える場合があります。ストラテジーの成績等、当サイトに掲載されている情報はトレジスタ・ストラテジーオンラインで検証したものですが、今後の利益を保証するものではありません。また、当サイトで販売しておりますストラテジーはお客様へのロジック内容および情報の提供のみを目的としたものであり、特定の有価証券の売買あるいは特定の証券取引の勧誘を目的としたものではありません。
・当サイトで販売しておりますストラテジーをご利用した売買でいかなる損失を出された場合でも、弊社トレジスタおよびストラテジーの販売者は一切の責任を負いません。投資運用につきましては、投資家ご自身の判断と自己責任でお願いいたします。
・お客様都合による返品・返金はできません。当サイトで販売しております商品はデジタルコンテンツのため、クーリングオフには対応いたしておりませんのであらかじめご確認の上ご購入くださいますようお願いいたします。
・ストラテジーに対応したソフトウェアの非保有・または特定のソフトウェアの公認/非公認の違い、信用取引口座を持っていない(ストラテジーのレバレッジの有無・買い/売り問わず)、イザナミやストラテジーをうまく使いこなせない等の理由による返金・返品・交換等には対応しかねますので、あらかじめご確認の上ご購入くださいますようお願いいたします。
・株式分割や単元変更により、掲載されている成績と、最新のバックテスト結果が異なってくる場合があります。株式分割・単元変更等に起因するバックテスト結果の差異の理由による保証・返品・返金・交換等は行っておりませんので、あらかじめご了承ください。