トレシズ


プロフィール

トレシズでは、株式・日経225を専門にシステムトレードの開発・公開・販売を行っています。(FXはメタトレーダー4のMQLを中心に現在研究中・フォワードテスト中です。)



私自身は投資歴は6年以上になりますが、元々システムトレードを始めたのは、自己裁量トレードでの負けが続いたことがきっかけです。

よく勝っているトレーダーは口を揃えて「損切りが大事」と言いますが、実際にトレードをしてみると、結局は損切りだらけで、「ロスカット地獄」におちいってしまいました。


損切りだけが大事なのではなく、実際には「仕掛けるポイント」も大事だということに気付くまでにはあまり時間はかからなかったのですが、自分の行っているトレードが、

「実際にプラスになるルールなのかどうか?」

ということに自信を持てなかったのが、今では負けが続いた一番の理由だと確信しています。



そこで出会ったのがシステムトレード。

システムトレードでは、使っている手法が過去のバックテストを通じて

・どの程度の運用成績を誇るか
・どの程度のドローダウンがあるか

などが目に見えて分かるため、自己裁量トレードに比べてはるかに安心感があります。

システムトレードのキャリアを積むにつれトレード成績ははるかに向上し、運用している最中にドローダウンが発生した際にも、

「過去にもこれぐらいのドローダウンが発生したことはあるから、続けていけばプラスになる」

という過去の検証結果との比較による自信が、より一層自分自身の安定につながりました。




結局のところ、一番大事なのは「心理」。

自己裁量で利益を出せる人はほんの一握りで、実際にはトレーダーは9割が負けていると言われています。

負けが続くと、

「トレード手法が間違っているのではないか?」
「自分は株に向いていないのではないか?」

と疑心暗鬼になり、真っ暗な迷路に迷い込んだような気分になってしまいます。



でも、システムトレードを自信をもって使えば決してそんなことはありません!

システムトレードを使えば、確率と統計による過去の検証結果の裏付けや、期待値を積み上げてトータルで勝つといった感覚が、トレードを繰り返すにつれ確実に身についていきます。

私自身の経験上、機械的に運用していくにつれ1つのトレードに対して一喜一憂しなくなるので、数々の銘柄を持ち越している最中でも値動きが気にならなくなるため、日常の生活に影響を与えることがなくなるのも大きいメリットです。



「負け組から勝ち組へ。」

システムトレードには、その力があります。

私自身がシステムトレードには相当助けられたため、

・株で負けている人
・自分のトレードに自信を失っている人
・システムトレード初心者の人

などに、是非システムトレードの素晴らしさをお伝えできれば、と思っています。

システムトレードで、ともに「今まで見られなかった領域」を目指しましょう!



■ストラテジー/サポートにつきまして

・トレジスタ・ストラテジーオンラインで販売しているストラテジーは、公開ロジックなのでダウンロード後に皆様自身でバックテスト検証・フォワードテスト検証が可能です。

・ご購入前/ご購入後に関わらず、不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

>> トレシズへのお問い合わせはこちらから

ブログ

この長期シストレを交えた手法というものは、

「資産価値を残す」

という意味で役立つ手法ではないか?

と考えるところがあります。

株が資産と言えるかどうか?は非常に難しいところですが、

相続等があることを考えますと、

…一応資産とも考えられます笑

こうした観点ですと、

従来資産価値という...

2019年7月17日(水) 23:35:52

最近考えているテーマが、

表題の通りですが、

「原資抜き」

についてですね。

原資抜きとは要するに、

儲かった利益から利益分のみを再投資するような手法で、

・100万から利益が出て150万になった場合、利益分の50万のみを再投資する

ようなイメージですね。

この場合、

50万がど...

2019年7月16日(火) 23:53:24

世の中には本当にいろいろな投資手法があるもので、

私自身いろいろ研究してきたり、

また、試したものもあります苦笑(ぇ

定期預金、外貨預金、国債、社債等は言うまでもなく、

株、FX、先物、仮想通貨、動産(動産は重複していますが苦笑)、不動産、投資信託、

クラウドファンディングやICO、

太陽光などいろいろですね。
...

たとえばですが、

移動平均乖離率〇%だったら買いなど、

パラメータを決めるのはなかなか難しいものですよね。

パラメータは多くの場合、

(A)緩くすれば取引回数が増えて1トレードあたりの期待値は落ちる
(B)厳しくすれば取引回数が減って1トレードあたりの期待値は増える

という形になる場合が多く、

実際のところは...

2019年7月14日(日) 21:27:46

「今まで期待値がプラスだったのに、2018年だけマイナスになった」

という現象は、

結構起きやすいのではないか?

と思っていたりしますね(ぇ

といいますのも、

たとえばマザーズ指数のチャートを見ると分かりやすいのですが、

新興系は特に、

2013年以降では2018年が最も弱かった、

と言えるから...