トレシズ


プロフィール

トレシズでは、株式・日経225を専門にシステムトレードの開発・公開・販売を行っています。(FXはメタトレーダー4のMQLを中心に現在研究中・フォワードテスト中です。)



私自身は投資歴は6年以上になりますが、元々システムトレードを始めたのは、自己裁量トレードでの負けが続いたことがきっかけです。

よく勝っているトレーダーは口を揃えて「損切りが大事」と言いますが、実際にトレードをしてみると、結局は損切りだらけで、「ロスカット地獄」におちいってしまいました。


損切りだけが大事なのではなく、実際には「仕掛けるポイント」も大事だということに気付くまでにはあまり時間はかからなかったのですが、自分の行っているトレードが、

「実際にプラスになるルールなのかどうか?」

ということに自信を持てなかったのが、今では負けが続いた一番の理由だと確信しています。



そこで出会ったのがシステムトレード。

システムトレードでは、使っている手法が過去のバックテストを通じて

・どの程度の運用成績を誇るか
・どの程度のドローダウンがあるか

などが目に見えて分かるため、自己裁量トレードに比べてはるかに安心感があります。

システムトレードのキャリアを積むにつれトレード成績ははるかに向上し、運用している最中にドローダウンが発生した際にも、

「過去にもこれぐらいのドローダウンが発生したことはあるから、続けていけばプラスになる」

という過去の検証結果との比較による自信が、より一層自分自身の安定につながりました。




結局のところ、一番大事なのは「心理」。

自己裁量で利益を出せる人はほんの一握りで、実際にはトレーダーは9割が負けていると言われています。

負けが続くと、

「トレード手法が間違っているのではないか?」
「自分は株に向いていないのではないか?」

と疑心暗鬼になり、真っ暗な迷路に迷い込んだような気分になってしまいます。



でも、システムトレードを自信をもって使えば決してそんなことはありません!

システムトレードを使えば、確率と統計による過去の検証結果の裏付けや、期待値を積み上げてトータルで勝つといった感覚が、トレードを繰り返すにつれ確実に身についていきます。

私自身の経験上、機械的に運用していくにつれ1つのトレードに対して一喜一憂しなくなるので、数々の銘柄を持ち越している最中でも値動きが気にならなくなるため、日常の生活に影響を与えることがなくなるのも大きいメリットです。



「負け組から勝ち組へ。」

システムトレードには、その力があります。

私自身がシステムトレードには相当助けられたため、

・株で負けている人
・自分のトレードに自信を失っている人
・システムトレード初心者の人

などに、是非システムトレードの素晴らしさをお伝えできれば、と思っています。

システムトレードで、ともに「今まで見られなかった領域」を目指しましょう!



■ストラテジー/サポートにつきまして

・トレジスタ・ストラテジーオンラインで販売しているストラテジーは、公開ロジックなのでダウンロード後に皆様自身でバックテスト検証・フォワードテスト検証が可能です。

・ご購入前/ご購入後に関わらず、不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

>> トレシズへのお問い合わせはこちらから

ブログ

2020年8月2日(日) 23:19:55

■検証開始日を変更する際に注意点はありますか?

検証開始日、

要するにイザナミの左側の日付をより直近にしますと、

検証速度が速くなるので便利ですよね。

特にバックテストファイル側の検証開始日は、

本格的に検証する場合をのぞきましては、

一般的に半年前〜3年前あたりの日付でいいのではないか?

と思って...

2020年8月1日(土) 11:30:53

下にTOPIXの画像をアップさせていただきましたが、

昨日はなかなか押しが強かった感じですね。

ただ、現時点で日経平均先物は反発しており、

株では結構、

(1)大陰線を付けて結構下げる
 ↓
(2)翌日リバウンド

という動きが多いものです。

この際に、

「(1)大陰線を付けて結構下げる」
...

「バックテスト段階の今年の期待値がマイナスなのに、最適分散投資後になぜか今年プラス」

といった現象はよくあります。

実際のところ、

…この逆の、

バックテスト段階の今年の期待値がプラスなのに、最適分散投資後になぜか今年マイナス

の方が多いのも事実ですが苦笑

あくまで個人的な考えでは、

期待値マイナス...

2020年7月29日(水) 23:33:23

「同一時期にDDになりにくい戦略を組み合わせていく」

というのがあくまで個人的なスタイルです。

これはなんといいますか、

「リスクヘッジ重視」

というスタイルですね。

極論で、

たとえばビットコインに全力投入し、暴落したとしましたら、

…それだけで致命的です汗

逆に、総資産等に対して投入...

2020年7月28日(火) 23:34:02

あくまで私のスタイルですと、

株の先人の方たちから学べる部分は学ぶというスタイルで、

たとえばB・N・F氏の手法を研究しますと、

ボリンジャーを使った逆張り買いがメインの時もあれば、

順張り買いがメインの時期もあるようです。

ここから考えられることの1つとしましては、

「その時その時の相場にあった戦略を使うというの...