koz-kay


プロフィール

システムトレードのストラテジー開発を主にしております。



下記では私の考えるシステムトレードの特徴についてご紹介致します。

システムトレードには利点がいくつかありますが、主に2つの利点があると考えています。

・過去において優位性を検証できること

・検証にかける時間を短縮できること

この2点がトレーダー、特に兼業トレーダーにおいては大きなメリットになります。

優位性の検証とは、イザナミでは過去約20年分の相場データに基いて利益が出る可能性が比較的高い戦略を使用できることです。

投資・トレードに対する人の心理とは、過去と現在とを比較した場合、手法の違いはあれば値動きに対する反応に変化はほとんどありません。

それは皆さんも経験があるかと思いますが、理性的に取引をしているつもりであっても、人が恐怖や欲望などの感情に囚われやすい生き物だからです。

その感情に理屈のつけてトレードする人が大多数であり、よって値動きのパターンというのは出来高が増加するほど原始的な動きになりやすい傾向があります。

システムトレードは過去の膨大なデータを基に作られています。

法則を作るのにサンプル数が多い方がいいのは理解いただけるかと思いますが、システムトレードにおいてもその数こそが信頼性の上昇させるものに他なりません。

ここで販売されているストラテジーは綺麗な右肩上がりのグラフを描くものがほとんどです。(そうでなければ販売できません)

これは過去約20年間の相場において、良い相場でも、悪い相場でも、利益を安定して出していることになります。

これらの成績は、もちろんこれからの利益を完全に保証するものではありませんが、闇雲にトレードするより明らかな優位性を表しています。


次に、検証にかける時間の短縮について

これは言葉の通り取引をする銘柄を検証する時間を大幅に減らすことができます。

裁量トレードでは全銘柄の検証は不可能であり、銘柄を限定して検証する必要がありますが検証ソフトを使用することによってひとつの銘柄の検証にかける時間はもちろん、全市場全銘柄の検証も容易になります。

取引機会の損失を避けるという点と、兼業トレーダーにとってネックとなる分析時間の制限の問題を解決するのに大きく役立つことは間違いありません。


しかし、システムトレードにも欠点はあります。
そのひとつがストラテジーの開発には時間が掛かることです。

ストラテジーを自分で開発することにはシステムトレードに対する理解を深めることができるという意味がありますが、開発に時間をかけて本来の目的であるトレードができないのでは意味がありません。

優良なストラテジーを開発するのには時間が掛かるので、開発に時間を割くこと難しく、開発を断念した方もいるかと思います。

私の開発したストラテジーがそういう方々の一助になれば幸いです。

ブログ:https://www.kozkay.com/
twitter : https://twitter.com/kozkay1


>> koz-kayへのお問い合わせはこちらから

ブログ

ブログはありません。