システムトレードブログ

レバレッジは、1銘柄投入額を抑えれば結構使える?

トレシズ運用方法
レバレッジは、1銘柄投入額を抑えれば結構使える?

あくまで個人的な考えですと、

「レバレッジは、1銘柄投入額を抑えれば結構使える」

と考えていたりしますね~。

もちろん、

・総資金: 200万
・レバレッジ: 2倍
・1銘柄投入額: 50万

といった荒いのは個人的にはNGです苦笑

※ただ、上記は決して間違っているというわけでもなく、
リスクを取ってでも利を取りたい、というスタイルの場合には1つと考えます。
やはり、ご自身の趣向に合わせるしかない、ということでしょうか。

そうではなく、

・総資金: 200万
・レバレッジ: 2倍
・1銘柄投入額: 15万

これぐらいならOK、

というニュアンスですね~。

日々の損益的に、動く幅に与える影響が大きいのは?

日々の損益的に、動く幅に与える影響が大きいのは、

やはり、

1銘柄投入額、

かもしれません。

「1銘柄投入額をコントロールすることにより、日々の損益を穏やかにする」

というスタイルがおすすめだったりしますね。

上記、

・総資金: 200万
・レバレッジ: 2倍
・1銘柄投入額: 15万

の場合ですと、

もちろん戦略の荒さにもよるものの、

一般的には比較的、日々の損益は穏やかになりやすい傾向にある、

と思っていたりしますね。

注意すべき点は?

注意すべき点は?

特に逆張り買いで、

たとえば3.11の直後にフルポジションになるといった動きをする買い戦略の場合、

レバレッジが強烈に作用する可能性があるので、

注意が必要だと思っていたりします汗

一方、

・相場が押した際にシグナル数が減るような買い戦略
・3.11の直後でもフルポジションにはならない買い戦略

などの場合には、

レバレッジは結構有効な場合が多い、

と思います。

以下、関連記事です。

常に100%持ち越すのはありなのか?

時々話題に出させていただいているテーマではありますが、個人的に最近研究しておりますのが、「買いで常に100%持ち越す手法」だったりします(ぇもちろん、こ…

投資手法
こんな記事も読まれています。

フルポジションにできるかどうか?

たとえばシストレ総資金が500万だったと仮定します。この際に、「資金効率」を追いますと、やはり理想は「日々500万のポジションがあること」だと考えます苦笑…

運用方法
トレシズの「運用方法」の記事

前々記事:シストレ運用における個人的な環境
前の記事:1銘柄投入額が10万以下だとシグナル効率が落ちる?
今の記事:レバレッジは、1銘柄投入額を抑えれば結構使える?
次の記事:約定率が高いレバレッジ2倍戦略のリスクを抑える方法
次々記事:運用開始時期の時間分散

おすすめ記事

順張りは、逆指値を使うべきか?

逆指値はたびたびいろいろなところで話題になるテーマで、特にシストレでは賛否両論…

相場の押しの際のDDを抑える

個人的なスタイルとしましては、「相場の押しの際のDDを抑える」というのが、かなり…

> このページのURLをPCメールアドレスに送る