システムトレードブログ

売買代金制限の考え方

トレシズシストレの考え方
売買代金制限の考え方

たとえばですが、

(A)直近5日間の売買代金が5億以上
(B)直近15日間の売買代金が5億以上

という2種類の売買代金制限があったとします。

この2つはどちらが厳しい条件か?といいますと、多くの場合

「(A)直近5日間の売買代金が5億以上」

の方だったりします。

厳しいと言いますのは、

「仕掛け当日の売買代金がより大きい銘柄に絞っている」

という意味合いですね~。

直近5日間と直近15日間の違いは?

直近5日間と直近15日間の違いは?

売買代金がより大きい銘柄に絞っているため、

多くの場合、

(B)15日よりも(A)5日の方が総取引回数が少なくなります。

これはどちらが正しいというわけではないものの、

たとえばですが、

・資金が小さい場合には(B)15日
・資金が大きい場合や、マーケットインパクトを抑えたい場合には(A)5日

といった感じで選ぶのが一案です。

売買ルールでは、「その銘柄が自分の仕掛けるロットに耐えられるかどうか?」を考えるのが重要だと思っています。

ポイント

たとえばですが、

寄りの出来高が10,000株のところに、

5,000株以上の単位で入るのは、

…なかなか厳しいものがあります苦笑

この事例の場合、

せめて1,000~2,000株には抑えたいところでしょうか。

指値でインする場合でも、

・自分の指値が強力なサポートラインになってしまわないかどうか?
・手仕舞いの際に、ちゃんと捌けるロットかどうか?

といった点を考えるのが重要、

と考えますね~。

ロット的に厳しい場合には?

厳しい場合には、

やはり売買代金制限等を上げるのが1つの手だと思います。

その際に、

通算利益率は落ちやすくはなりますが、

あくまで個人的なスタイルですと、

「通算利益率よりも、再現性の方が重要」

と考えているところがあります汗

以下、関連記事です。

平均損失の値はロットを決めるのに重要と考えます。

バックテスト段階の「平均損失」の項目は、「1トレードあたりの投入額を決めるのに重要な値」と考えております。この項目ですね~。なお、破天ではこの値が全部…

資金管理方法
こんな記事も読まれています。

個人戦略と販売戦略の違い

あくまで私の場合というだけですが、個人戦略と販売戦略の場合、最も違うのは、…「バックテスト回数」かもしれません苦笑(ぇ個人戦略の場合・バックテスト回数…

シストレコラム
トレシズの「シストレの考え方」の記事

前々記事:1日単位の収支は気にしない方がいい?
前の記事:シストレで負ける要因ワースト3
今の記事:売買代金制限の考え方
次の記事:シストレ戦略で、地合との連動を意識するべきか?
次々記事:自分自身がしっくりくる戦略

おすすめ記事

リスクヘッジについての考察

アメリカのデフォルト懸念や、それに伴う円高懸念など、ここ最近の市場はニュースに…

毎年の取引回数

ポートフォリオの各戦略を、複数売買ルールとして一体化しますと、「毎年の取引回数…

> このページのURLをPCメールアドレスに送る