システムトレードブログ

売りを使うにあたっての心構え

トレシズストラテジーの選び方

個人的には、普通に売り戦略も使うタイプです。

これはもちろん、人によっていろいろなスタイルがあるとは思っておりまして、

たとえばですが、

「買いのみでも十分勝てる」

という方にとっては、もしかしたら売りは必要ないのかもしれません(ぇ

といいますのも、

重要なのは「自分の得意戦法を極める」ことですので、

買いのみで勝てるのであれば、それを極めた方がいいと思われるためですね〜笑

そうではなく、別な理由で売りを使わない方もいらっしゃるのではないかと思います。

代表的な理由が、以下の3つですね。

(A)売りは損失に上限がないので恐いため
(B)信用取引口座を持っていないため
(C)売りは売り禁銘柄があるため、実取引と検証結果とで誤差が出るため

まず、(B)と(C)のみの理由で売りを避けているという場合には、

結構売りはおすすめだったりします(ぇ

といいますのも、

信用口座は結構簡単に開設できますし、

また売り禁銘柄については、

買いでも誤差が出るぐらいなので、誤差はある程度は許容しなくてはならないためですね〜。

売り禁銘柄は、

・チャートの上の方(高値圏)を狙うほど増える
・新興銘柄を増やすほど増える

といった特徴があります。

そのため、

・チャート上方を狙う売りを減らす
・新興銘柄を減らす

といった対策により、

結構売り禁銘柄シグナルを減らすことが可能です。

(A)の損失に上限がない点は確かに完全な解決は難しいですが、

・ロットを減らす
・損切りを徹底する

といった対策により、

ある程度は緩和可能だと思っています。

実際私自身は売りを使い始めてからだいぶ長いですが、

今のところ、

…買いの方が1トレードあたりで大きく負ける場合が多い、

と思っているほどです苦笑

あとは私自身が採用している手法としましては、

「売りは売り専用の口座を使う」

というスタイルです。

買いの口座とは一緒にしない感じですね〜。

これはなんといいますか、

買いと売りが一緒の口座の場合、

上昇トレンドなどで足を引っ張られている感じがしてしまうためです苦笑

ただ、買いの調子が悪い時などに、

売りの口座をのぞいてみますとプラスだったりする場合が多いですし、

あと地震のような不測の事態もあることを考えますと、

売りはあった方が安心感があるとは思っていたりしますね〜。

買いのみで勝てるのならそれもまたよし、

その上でさらなる上のステージを目指すなら、

効率がさらにアップする売りを取り入れるのもあり、

というのが私自身の考え方です笑

以下、売り禁銘柄へのシグナルが少ない順にトレシズの売り戦略をご紹介してみます。(※ただし、体感値となりますのでご了承ください汗)

■売り禁銘柄シグナルが他戦略に比べて少ないと思われる売り戦略

神風ショート(これがおそらく売り禁銘柄シグナルが最も少ないと思われます。)
https://www.torezista.com/strategy/detail/95/

ヒノカグ・ショート【下方ブレイク】
https://www.torezista.com/strategy/detail/208/

ヒュプノス・ショート【グラヴィティ】
https://www.torezista.com/strategy/detail/316/

メテオフォール
https://www.torezista.com/strategy/detail/78/

コキュートス_トレイル(S)
https://www.torezista.com/strategy/detail/226/

なお余談ですが、

トレシズの売り戦略で最もユーザー様からの評判がいいのは、コキュートス(S)です笑
https://www.torezista.com/strategy/detail/222/

トレシズの「ストラテジーの選び方」の記事

前々記事:個人的なおすすめ売り戦略
前の記事:今のような地合で効くのはどんな戦略か?
今の記事:売りを使うにあたっての心構え
次の記事:販売戦略の効率的な利用方法?
次々記事:急落時に強そうな売り戦略は?

おすすめ記事

販売戦略の効率的な利用方法?

結構やはりといいますか、販売戦略というものには常に賛否両論がつきまとうもの、と…

最近の個人的な戦略の導入手順(2)

ポートフォリオとは非常に奥が深いもので、私自身この記事を非常に考えながら書いて…

> このページのURLをPCメールアドレスに送る