システムトレードブログ

騰落レシオの使い方

FUMITRADE株システムトレードについて

今回は騰落レシオの便利な使い方を紹介しようと思います。


イザナミに「東証一部騰落レシオ」という指標があります。

この騰落レシオは、(動かなかった銘柄を省いて考えると)

「上がった銘柄数÷下がった銘柄数」で求めているので、

指標が0〜∞の範囲で動くのです。

この「上限がない」という性質は、若干扱いづらいと
思う人が多いのではないでしょうか。

そこで、これをほかの指標のように、0〜100の間で動くように
してみましょう。

やり方は簡単です。ユーザー定義指標を使って、

「上がった銘柄数÷すべての銘柄数」という求め方になるように、

騰落レシオを改造すればよいのです。

具体的には、

「(東証一部騰落レシオ×100)÷(東証一部騰落レシオ+100)」

という指標を作ります。(下部の画像でやり方を示してあります)

こうすることで、これは0〜100の間で動き、

上がった銘柄が多いほど値も大きくなる指標となります。

騰落レシオの扱いに困っている方はお試しください。
数字がわかりやすくなりますよ。




騰落レシオの使い方(1)

騰落レシオの使い方(2)

FUMITRADEの「株システムトレードについて」の記事

前々記事:イザナミ×エクセル活用術?標準偏差を計算する(2)
前の記事:イザナミ×エクセル活用術?グラフ化してみる
今の記事:騰落レシオの使い方

おすすめ記事

さらにパワーアップ

75日押し目バージョンカスタマイズに新たな指標を導入してさらにパワーアップさせま…

大失敗

裁量を入れすぎて大失敗をしました。銘柄は日東紡。高値キャッチ2の木曜日の優先順…

> このページのURLをPCメールアドレスに送る